DMM版『PUBG』がサービス終了へ、データはSteam版へ移管可能

DMM版『PUBG』がサービス終了へ、データはSteam版へ移管可能

EXNOAはDMM版『PLAYERUNKNWON’S BATTLEGROUNDS』のサービスを、6月2日をもって終了すると発表しました。

DMM版『PUBG』サービス終了へ

今回のサービス終了の理由はPUBG Corpとの契約が満了したためとのこと。先日にはeスポーツの大会運営が、DMM GAMES主催からPUBG Corp主導へ変更されることがアナウンスされていました

なおDMM版『PUBG』のプレイヤーはSteam版へデータ移管ができます。希望する方は6月2日までに以下の作業を行っておきましょう。

DMM版からSteam版へのデータ移行手順

  1. DMMアカウントへログインし、DMM版『PUBG』を起動
  2. ロビーへ参加すると、「Steam版への移管申請」が表示されるので同意する
  3. 次の2種類のコードが発行されるのでメモ
    1. Steam版『PUBG』をプレイするためのゲームコード
    2. データ移管に必要な移管コード
  4. 『PUBG』がまだインストールされていないSteamアカウントにログイン
  5. Steamライブラリーに3.2「ゲームコード」を入力し『PUBG』をインストール
  6. Steam版『PUBG』を起動しロビーに入る
  7. [ショップ]→[Steam版への移管申請]をクリック
  8. 3.1「移管コード」を入力しデータ移管を開始
3で発行される2種類のコード。上段はSteam版『PUBG』のインストールで、下段はDMM版からのデータ移管で使用

注意事項

  • データ移管を一度申請すると、移管を希望するアカウントを変更することはできませんので、予めご注意ください。
  • データ移管先のSteamでSteam版PUBGを購入していた場合、そのSteam版のデータにDMM版PUBGのデータが上書きされてしまうので、ご注意ください。 データの上書きを希望しない場合は、別途Steam版PUBGを購入されていないSteamアカウントをご用意の上、移管作業を行ってください。
  • データを移管後も有償キーの払戻し申出は可能なため、払戻しを希望される方は後述の「未使用「Key(有償)」の払戻しについて」をご確認ください。
  • 下記の手順を進める過程でシステムなどのエラーが発生した場合、次のメールアドレスからお問い合わせをお願い致します。: PUBG.DMM.inquiry@krafton.com

未使用「Key(有償)」の払い戻し

サービス終了後、未使用の「Key(有償)」につきましては、資金決済に関する法律第20条第1項に基づき、DMMポイントでご購入いただいた「Key(有償)」の未使用残高に関しまして払戻しを行います。

払戻しに関する詳細につきましては、サービス終了後、公式サイトにて、ご案内させていただきます。

今後のスケジュール

  • 4月28日午後5時30分:課金停止・ゲーム内アイテムの販売終了・データ移管開始
  • 6月2日午前9時30分:データ移管終了
  • 6月2日午前11時:払戻し受付開始
  • 9月30日午前11時:払戻し受付終了

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』は発売中で、対象機種はPC(Steam) / PlayStation 4 / Xbox One

Source: PressRelease

コメントする

*