ファンタジーL4D『Vermintide 2』に新規向けローグライクモード無料配信!5月5日まで75%セール実施中(772円)

ファンタジーL4D『Vermintide 2』に新規向けローグライクモード無料配信!5月5日まで75%セール実施中(772円)

Fatsharkスタジオ開発のダークファンタジーFPS『Warhammer: Vermintide 2(ウォーハンマー:ヴァーミンタイド2)』が4月20日に、かねてより実装を予告していた大型DLC「Chaos Wastes」の無料配信を開始しました。Steamでは同時に、5月5日までゲーム本編の75%OFFのセールを行っています。

新規でも安心の無料大型DLC「Chaos Wastes」

イギリス発の本格ダークファンタジーRPG『ウォーハンマー:ファンタジーバトル』をベースとしたFPS『Vermintide 2』は、重厚で末期的な世界観、豊富なビルド要素に奥深い戦闘システムのおかげで、今では最も人気な「L4Dライク」ゲームの1つ。そんな作品に、完全新規のローグライクモードである『Chaos Wastes』が無料DLCとして4月20日に配信されました。

「Chaos Wastes」のストーリーと概要

世界は終末を迎えており、いくら主人公たち5人組が『混沌の軍勢』を砕いても一向に事態が好転する気配はありません。そんななか、魔狩人のVictor Saltzpyreは魔狩人教団に伝わる禁忌、神々に声が届く数少ない遺跡の1つ「永遠の要塞」に赴いて、世界を救うべく神降ろしを画策します。

しかし永遠の要塞が眠るのは、混沌の軍勢の勢力圏下にある「混沌の荒野」の奥深く。刻一刻と地形が変わり続け、時間の流れすら定かでない魔境に、プレイヤーたちはパーティーを組んで遠征していきます。

遠征中のワールドマップ。各ステージの情報が表示されるほか、プレイヤーが投票することで次に進むステージを決めることができる。右端のステージにたどり着いたらゴールだ。

ワールドマップの構成は遠征ごとにランダムに決定されます。従来マップの断片を継ぎ接ぎした「次元の狭間」風のステージの他にも、本DLCのためだけに15種類の新規マップを設計したそうで、プレイ時間が1,000時間にも達するベテラン冒険者でも、初見は戸惑うことになるでしょう。

「倒した敵がより弱い2体の敵を産む」など、ステージ自体のミューテーションもランダムに発生する。

また「Chaos Wastes」ではタレントや装備は開始時に選択したものが反映されますが、武器装備のレアリティは全員最低の「コモン(白色)」からスタート。遠征中のステージに落ちているコインを拾い、これまたステージにランダム配置される武器交換/武器強化の祭壇を通して装備をアップグレードしていきます。

キャラクターのタレントも道中の神殿で獲得できるほか、「Chaos Wastes」専用の超強力なタレント(PERKのようなもの)が手に入ることも。新規プレイヤーも既存プレイヤーとほぼ同じ条件で一緒にプレイできる、新規向けのコンテンツとなっています。

手に入るタレントの中には「一度撃ったら2発分の弾が出る」、「クリティカル攻撃するたびに即死級の電撃が周りの敵を跳ねていく」など、なかなかぶっ飛んだものも

かといって「Chaos Wastes」はゲーム本編から完全独立しているわけではなく、まず遠征の成功や失敗関わらず、プレイ中のコイン取得量などに応じたレアリティの宝箱が1つ入手できます。さらに遠征をクリアすれば、その難易度で手に入る最高レアリティの宝箱が2つ。通常モードを縛りプレイで3回クリアするのと同じぐらいの報酬が得られます。

新規勢にも復帰勢にも既存勢にも

『Vermintide 2』は以前、似たような大型コンテンツDLCの「Winds of Magic」を配信した際、それを本編とほぼ完全に切り離した旨味のないコンテンツにしてしまったため、大きく批判されたという経験があります。「Chaos Wastes」の大盤振る舞いっぷりは、その批判を正しく受け入れた結果だと言えるでしょう。「Winds of Magic」で離れたという方にも安心して復帰をおすすめできる大型アップデートです。

『Vermintide 2』本体も5月5日まで75%OFFセールを行っているので、「ファンタジーL4D」に興味がある皆さんは、ぜひゴールデンウィークのお供にしてはいかがでしょうか?

  • 『Vermintide 2』購入ページ:Steam(定価 3,000円 → セール価格 772円)

同時配信「Forgotten Relics Pack」― 新武器5種類の有料DLC

ユニークな性能の新武器たち。620円。

「Chaos Wastes」と時を同じくして配信されたのは、各キャラの新規武器一本ずつを含む有料武器DLCの「Forgotten Relics Pack」。どれも強力ながらもクセが強く、遊んでいて楽しい武器で、それを反映したストアページの評価も「非常に好評」となっています。

  • Spear & Shield
    • Kruberの4つめとなる盾武器で、Mercenary, HuntsmanとFoot Knightで使用可能
    • すばやい横薙ぎの攻撃でホード対処が楽な上に、突き攻撃でHSすれば高いダメージを狙える
    • 独自機能として、ブロックを維持したままの攻撃が可能
  • Griffon-foot
    • Victor用の二丁拳銃スタイルのショットガン
    • 強力な散弾を次々と連射可能
  • Coruscation Staff
    • Sienna用の魔法の杖
    • プライマリはショットガンのような攻撃で、裸の敵から重装甲の敵まで広く効果的
    • セカンダリは長時間持続する炎の柱を発生させることができる
  • Trollhammer Torpedo
    • Bardin用のグレネードランチャーで、IronbreakerとOutcast Engineerで使用可能
    • 絶大な威力を誇っており、大型ボスモンスターすらノックバックさせることができる
  • Moonfire Bow
    • Kerillian用の魔法の弓
    • 弾の代わりにSiennaのような魔力ゲージを使用
    • 装甲貫通力があるほか、チャージすれば着弾点で爆発も起こすことができる
  • 「Forgotten Relics Pack」購入ページSteam(620円)

『Warhammer: Vermintide 2(ウォーハンマー:ヴァーミンタイド2)』の発売日は2018年3月8日、対象機種はPC(Steam)

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    全編英語なので英語が苦手な人はwikiおすすめ

コメントする

*