Call of Duty League 2021:第3回メジャー大会優勝はアトランタ・フェイズ、賞金2,000万円獲得

Call of Duty League 2021:第3回メジャー大会優勝はアトランタ・フェイズ、賞金2,000万円獲得

『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』の公式eスポーツリーグ「Call of Duty League 2021」の、第3回メジャー大会にてアトランタ・フェイズが優勝。2大会ぶり王者となり、賞金20万ドル(約21,850,000円)を獲得しました。

Call of Duty League 2021:第3回メジャー大会

アトランタ・フェイズ 5-2 ニューヨーク・サブライナーズ

  1. ハードポイント(Garrison):185-250
  2. サーチアンドデストロイ(Checkmate):6-5
  3. コントロール(Garrison):3-0
  4. ハードポイント(Moscow):250-124
  5. サーチアンドデストロイ(Miami):3-6
  6. コントロール(Checkmate):3-2
  7. サーチアンドデストロイ(Raid):6-1

フェイズはグランドファイナルにて、ウィナーズファイナルで敗北したサブライナーズと再戦。第1ゲームのハードポイントは取られますが、続くサーチアンドデストロイではラウンド11までもつれた混戦をSimp選手が制します。

フェイズはその後も勢いを維持し、さらに2ゲームを獲得。しかしMoscowのハードポイントは得意の近距離戦に持ち込めず、ポイントを譲ります。続くコントロールはArcity選手が残り1秒で拠点に滑り込み、辛くも勝利。流れをサブライナーズに渡さず、マッチポイントを迎えます。

最後はフェイズが最も得意とする、Raidでのサーチアンドデストロイでした。フェイズは史上最短ラウンドを含め、完璧な立ち回りで優勝を決めました。

わずか15秒で決着

Player of the Stage:Arcity選手

Player of the StageはArcity選手。先述のコントロール勝利に貢献するなど、安定した戦績でチームを支えました。

  • 全体: 1.17K/D
  • ハードポイント:1.18K/D
  • サーチアンドデストロイ:1.14K/D
  • コントロール:1.16K/D

順位と賞金

順位と賞金は以下の通り。サブライナーズとミューティニアーズが順位を上げた一方、昨シーズン優勝チームのエンパイアが大きく順位を落としました。Huke選手(現シーブス所属)をロスターから落としたのは正しかったのか、ファンの間でも意見が割れています。

  1. アトランタ・フェイズ:20万ドル
  2. ニューヨーク・サブライナーズ:12万ドル
  3. トロント・ウルトラ:8万ドル
  4. オプティック・シカゴ:4万ドル
  5. ロサンゼルス・シーブス:2万ドル
  6. フロリダ・ミューティニアーズ:2万ドル
  7. ダラス・エンパイア:1万ドル
  8. ロンドン・ロイヤルレイヴンズ:1万ドル
  9. ミネソタ・ロッカー
  10. ロサンゼルス・ゲリラズ
  11. シアトル・サージ
  12. パリ・レギオン
『Halo 5』でも優勝経験があるHuke選手。今シーズンは『VALORANT』での武者修行を経て活躍しています。

第4回メジャー大会は6月18日から開催。今シーズン初めてオフライン(無観客)で実施されます

『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』の対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox Series X|S / Xbox Oneで、発売日は2020年11月13日(Xbox Series X版は2020年末)。

コメントする

*