レインボーシックス シージ:”S.I.2021″全試合リプレイデータ配信中、世界レベルの戦術を研究しよう

レインボーシックス シージ:”S.I.2021″全試合リプレイデータ配信中、世界レベルの戦術を研究しよう

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』ではイヤー6シーズン2「オペレーション・ノーススター」のテストサーバーが進行中。eスポーツ競技シーンでは、先日終了した世界大会「シックスインビテーショナル2021」のリプレイデータが配信されており、誰でもすべての試合内容を自由に研究することができます。

「シックスインビテーショナル2021」リプレイデータ配信中

2020年度におけるシージeスポーツ競技シーン・チャンピオンを決める世界大会「シックスインビテーショナル2021(S.I.2021)」は日本時間5月24日に完結し、ブラジルのNinjas in Pyjamasが見事に優勝。これまでインビテーショナルタイトルに縁の無かったブラジルに、初めての栄冠をもたらしました。

約2週間に渡って行われたこの大会の各試合は、シージ公式YouTubeチャンネルでも見ることができますが、今年は新たな試みとして、シージeスポーツ公式サイトより全試合のマッチリプレイデータが期間限定で配信されています。

Tom Clancy's Rainbow Six® Siege2021-5-27-2-13-49
俯瞰視点で全員の動きを確認してみよう

「マッチリプレイ」とはPC版シージに搭載されている機能で、過去に対戦した試合データを最大12マッチ分保存し、そのリプレイを視聴できる機能です。リプレイモードは配信録画とは異なり、自分やチームメイト、それぞれの視点を自由に切り替えられるだけでなく、マップ全体の俯瞰視点や、敵プレイヤーたちの視点でも試合の流れを確認できるため、スムーズな反省会や知識の向上などに広く活用できます。

インビテーショナルで戦った世界の18チームのリプレイデータなら、各チームやファンにはもちろん、研究用としても高い価値を持つでしょう。

Tom Clancy's Rainbow Six® Siege2021-5-27-14-7-21
リプレイなら、一人の選手の視点を追い続けることもできる

導入方法

  • シージeスポーツ公式サイトの当該ページにアクセス
  • ページ下部のダウンロードリンクから、見たい試合が含まれている試合日のファイルをダウンロード
    • インビテーショナル2021の日程はLiquipediaなどで確認可能
    • 各試合を個別にダウンロードすることはできない
    • ファイルサイズは試合日によって異なる。最小約3ギガバイト、最大約8ギガバイト
    • ダウンロードが始まらない場合は、セキュリティソフトをチェックするか、右クリック「名前を付けてリンク先を保存」を試す
  • ダウンロードしたzipファイルを解凍して、各試合のフォルダを展開。その中に名前が「Match-」で始まるフォルダがあることを確認する
  • 「Match-」フォルダそのものを、シージをインストールしたフォルダにある、マッチリプレイ用フォルダにコピーする(最大12個まで)
    • インストールフォルダの例:D:\Ubisoft Game Launcher\games\Tom Clancy’s Rainbow Six Siege\MatchReplay
  • インストール場所が分からない場合:
    • Uplay版:UBISOFT CONNECTを起動し、「ゲーム」からシージのアイコンをクリック。「プロパディ」をクリックし、「ローカルファイル」項目の「ゲームのインストール場所:」を確認
    • Steam版:「ライブラリ」からシージを右クリック。「プロパディ」から「ローカルファイル」をクリックし、「参照」をクリックするとインストール先フォルダが表示される

全ファイルをダウンロードすると情報量も膨大になるため、すべてをチェックすることは難しいかもしれません。しかし応援しているチームの動きを具体的に調べたい方や、オペレーター個々の使い方の研究がしたい方には、世界最高峰の試合リプレイは必ず役に立つでしょう。

これらのダウンロードリンクは3ヵ月で失効するとのことなので、リプレイデータが欲しい方は忘れずにダウンロードしておきましょう。

Source: R6S Esports Official

コメントする

*