CoD:ウォーゾーン: 5月27日付最新アップデート、AMAX弱体化 / ソロでトラック激減 / サイト3種リワークなど

CoD:ウォーゾーン: 5月27日付最新アップデート、AMAX弱体化 / ソロでトラック激減 / サイト3種リワークなど

アクティビジョンおよびRaven Softwareは『Call of Duty: Warzone(コール オブ デューティ ウォーゾーン)』の「シーズン3 リローデッド」のアップデートを配信、パッチノートを公開しました。この記事では現地時間5月27日付けパッチノートを全文翻訳してお届けします。

『CoD:ウォーゾーン』5月27日付アップデート

ゲームプレイへの変更

  • ヴェルダンスクにおけるバトルロワイヤル・ソロでのカーゴトラックのスポーン率を、16から20台の間から5台へ減少
    • この変更は本日後ほどプレイリストがアップデートされたときに有効となる
    • カーゴトラックは耐久性が高く、敵の攻撃から十分に身を守ることができるため、マップをローテーションするのに最適の選択肢です。ソロでは、プレイヤーはカーゴトラックの排除に多くのリソースを割きたくないため、最終サークルではかなりの数のカーゴトラックが存在することになります。トラックによってプレイヤーは伝統的な交戦を避けて通ることができ、終盤のポジショニングやガンプレイにおいてもクラッチがあまり重要ではなくなっていました。ソロでのトラックの数が大幅に減り、マップ上での存在感が減ることを踏まえると、対戦の途中でトラックの数を削っておくことが実用的かつ魅力的な選択肢となります

バグ修正

  • ヴェルダンスクに追加されたマップロケーションから、プレイヤーがマップの境界外に出られていた問題を修正
  • ヴェルダンスク全体のさまざまなパーツにコリジョン(めりこみ)部分が増えたことで、プレイヤーがグリッチやピーク、それらのパーツ越しに銃撃できていた問題を修正
  • ビークルがスクワッドの仲間を負傷させたりキルさせたりしていたバグを修正
  • ナカトミプラザの建物全域で、金庫室へのアクセス拒否音声が聞こえていた問題を修正
    • 一度でもアクセスが拒否されたら、ボタンから離れてもう一度試し、さらにまた試し、さらに何度も試しても仕方がないということを、皆さんが理解していないとは思いませんでした
  • バリスティックナイフのカモフラージュ・スキン各種が、それぞれが要求しているものを満たしてもアンロックされなかったバグを修正
  • スナイパーライフル用Swat 5mwサイトのメリットに、エイムの安定性が表示されていなかったバグを修正 
  • スナイパーライフルエコー(ZRG)に、誤ってスナイパーライフルデルタ(Rytec AMR)のラベルがついていた問題を修正

武器への変更

アサルトライフル

  • CR-56 AMAX 
    • ヘッドショット倍率を1.62から1.5倍に減少
    • CR-56 AMAXは、長距離用アサルトライフルの分野において、不釣り合いなレベルの優位性を示し続けています。キルタイムの値を少しずつ上げる努力を続けていますが、今できる最適解は、他のものを上昇させて合わせるのではなく、突出しているパワーレベルを下げることだと考えています。CR-56 AMAXが長距離オートライフルの王様ではないという環境に適応するには時間がかかると思いますが、今回のアップデートでさらに多くの武器が使用可能になることを踏まえれば、総じて良い変更だと考えています。今回の変更により、CR-56 AMAXに劣っていた多くの武器を、プレイヤーが使いこなせるようになるチャンスを提供できればと思っています
       
  • FARA 83 
    • リコイルパターンを調整
    • 腰撃ち時の弾拡散度が増加
    • FARA 83はどうあるべきかがまだ定まっていません。長距離用のアサルトライフルとして活躍してもらいたいので、リコイルをスムーズにして、射程距離内でのコントロールを容易にしました。また、腰撃ち時の弾拡散度を増加させて、近距離での性能を少し下げています。こうした機能が重複することは避けたいので、この武器をどういった形に定めるかについて引き続き対応していきます

タクティカルライフル

  • AUG 
    • リコイルの振れ幅を減少
    • AUGはその性能がやや下げられすぎた犠牲者です。タクティカルライフルは未だに圧倒的な存在感と鬱陶しさの間くらいの、非常に細いライン上に居続けていますが、AUGはそのラインにより近いのではないかと感じています

スナイパーライフル 

  • LW3 – Tundra 
    • 標準サイトを調整
    • フラッシュアイレンズ効果を減少させるべく幾つかの調整を施しました

アタッチメントへの変更

サイト 

  • 3倍アクシアルアームズ
    • サイトをリワーク
  • 4倍ロイヤル&クロス
    • サイトをリワーク
  • SUSAT変倍ズーム
    • サイトをリワーク
  • 今回の変更が与える影響を低く見積もることはできないと感じています。『CoD:BOCW』の武器の長距離における性能をサイトが妨げていると考えており、今回のサイトの調整によってそれが劇的に変わることを期待しています。サイトがカメラに寄りすぎているときは、気が散るような動きや、視覚的に不明瞭な部分が生じますが、特に長距離の戦闘では視界が明瞭であることが重要です。今回の変更により、長距離での使用が有効になる武器種が増えると考えています
     

マズル

  • サプレッサー(LMG)
    • ADS速度を2%から3.5%に増加
    • スプリントから発砲までの時間を4%から5%に増加
  • サプレッサーがライトマシンガンに悪い影響を与えているように思える、あるいは何の影響も与えていないという報告をいくつか目にしました。しかし、そうではないと断言できます。テスト環境のフレームレートや、増加がわずかであることを踏まえると、このアタッチメントの影響を正確に測定することは困難ですが、いずれにせよ、私たちはLMGのサプレッサーの価値を高めて、アサルトライフルの海の中で戦うチャンスを増やすべきだと思いました

『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』の発売日は2020年11月13日で、対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series X | S。

Source: Raven Software

コメントする

*