オーバーウォッチ: ダークな雰囲気漂うOWL「June Joust」トーナメントスキン“死の天使”販売開始

オーバーウォッチ: ダークな雰囲気漂うOWL「June Joust」トーナメントスキン“死の天使”販売開始

本日2021年6月10日、Blizzard Entertainmentは『Overwatch(オーバーウォッチ)』のライブサーバーに対しアップデートを実施しました。アップデート内容は、現在開催中のオーバーウォッチリーグ「June Joust」トーナメント・スキン「死の天使」の追加と販売の開始です。

「死の天使」スキン

今回追加された「死の天使」スキンは現地時間の6月21日までの販売で、価格は200リーグトークンとなっています。

ウィドウメイカーがスキンの対象として選ばれた理由は、トーナメントタイトルである「June “Joust”」より、“一騎打ち”が頻発するヒーローを選んだとの事。開発は「ゲーム内で最もダークなスキンを」の考えを元にしており、魔女のようなフードが醸し出すミステリアスな雰囲気や、胸部にあしらわれた蜘蛛のモチーフなど、ウィドウメイカーが持ち合わせるキャラクター性とうまくマッチしていますね。

「クラシック」スキン(左)と「死の天使」スキン(右)

ゲーム内通貨の一種であるリーグトークンについては、オーバーウォッチリーグニュースの購読やオールアクセスパスの特典などとしての配布が過去に行われましたが、通常の入手手段である課金を日本国内から行うのは困難となっています。海外プロキシサーバの経由などで購入する事も可能ですが、公式に推奨された方法ではないため完全に自己責任で行う必要があります。

関連記事

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4 / Xbox One(海外のみ)/ PC / Nintendo Switch。

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション – PS4

7,807円(06/18 19:37時点)
Amazonの情報を掲載しています

Source:Overwatch

コメントする

*