エーペックスレジェンズ:新レジェンド・シーアの戦術アビリティは強すぎ? 開発側「実際に当てるのは難しい」「強すぎたら即弱体化」

エーペックスレジェンズ:新レジェンド・シーアの戦術アビリティは強すぎ? 開発側「実際に当てるのは難しい」「強すぎたら即弱体化」

Respawn Entertainmentの『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』では日本時間8月4日より新シーズン「エマージェンス」がスタート。このアップデートに先がけて新レジェンドであるシーアのアビリティ詳細も判明し、「強すぎるのでは」と早くもコミュニティの心配の種となっています。しかし開発者によると、実際には扱いが難しいレジェンドだそうです。

シーアの戦術アビリティは強すぎる?

エーペックスレジェンズ: エマ―ジェンス」ゲームプレイトレーラー

日本時間7月27日にはシーズン10「エマージェンス」のゲームプレイトレーラーが公開されました。合わせて一部ではアーリーパッチノートが紹介されており、この中で新レジェンド・シーアのアビリティも判明しています。

シーアのアビリティセットは情報収集の役割を担うのにうってつけのようですが、特に注目されたのは彼の戦術アビリティです。

  • 戦術 / フォーカス・オブ・アテンション(日本語名不明):
    • シーアはミニドローンを展開し、自分の前方にいるすべての敵をマーキングする。マークされた敵は8秒間、回復アイテムの使用と蘇生ができなくなり、シーアと彼のチームメイトは、その敵の位置と体力ゲージを見ることができる

ブラッドハウンドと同様に「ボタンを押すだけスキャン」ができるだけでなく、発見した敵の回復や蘇生を封じ、しかも体力ゲージまで見えてしまうというこのアビリティは、とても強力そうに見えます。

他にもADSをするだけで敵の心拍が聞こえるパッシブや、一定エリア内の敵をマーキングし続けるアルティメットと合わせて、現時点では「シーアは強すぎるのではないか」という反応が国内外で多く見られています。

実際には当てるのが難しい?

一方で、あまりにも前評判が高いことを気にかけたのか、リードゲームデザイナーのDaniel Klein氏はシーアのアビリティについて、その詳細な仕様を解説しています。

Klein氏:細部にまだ話しきれていない重要な点がありまして、シーアの戦術アビリティには非常に高い正確性が求められるんです。ブラッドハウンドのスキャンは自分の周囲全体を覆うのですが、シーアの場合はどちらかというとスナイパーライフルなんです(レジェンド一人が通れるくらいのトンネル型)

なので実際のところ、当てるのはとても難しく、(大きな警告が表示されるので)敵はそれを回避するというプレイもできます。もし当たってしまうと、本当に長い時間位置がバレてしまうんですけどね。

Klein氏:それと皆さんサイレンス効果(※回復・蘇生ができなくなる)を心配しているようですが、シーアのサイレンス効果は数秒しか続きません。あれは妨害に使うもので、レヴナントのサイレンスと違って永遠に続くように感じるものではありません。

「エーペックスレジェンズ_ エマ―ジェンス」ゲームプレイトレーラー 0-38 screenshot (1)
果たしてその真価は?

Klein氏によると、シーアはスキャンの範囲がトンネル型であることがポイントのようです。確かによく見ると、上述の説明文にも「前方にいるすべての敵をマーキング」とあるため、使いやすさの面ではブラッドハウンドに軍配が上がりそうです。

強すぎたら即弱体化

とはいえ開発側も、リリース前にすべてのバランスを計算するのは不可能であることを認めています。過去にもシーズン7当時のホライゾンが想定よりも強かったり、シーズン8で登場したヒューズが想定よりも使われなかったりしていました。シーアについても同様に、予想外の統計が出る可能性はあります。

こうした懸念について、ライブバランスデザインを担当するJayBiebs氏は、「そのために私がいるんです」とRedditのエーペックスサブレに投稿しています。

JayBiebs氏:もしランページやシーアが限度を超えてしまったら、こちらはすぐに修正を加えます。もしそれらが強く、しかしメタのどんな部分で失敗しているのか分からなかったときは、普段は後のパッチによって進展を待つようにしています。

このように、開発側としてはシーアは言われているほど強くはないと想定しているようですが、もし予想が外れた場合はすぐに修正するという二段構えで備えているようです。

果たして実際のところ、シーアは新環境にどのような影響を与えていくのでしょうか。真相は日本時間8月4日よりスタートするシーズン10「エマージェンス」で明らかとなるでしょう。

基本プレイ無料FPS『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』の配信日は2019年2月5日で、対象機種はPlayStation 4 / PC(Origin, Steam) / Xbox One / Switch。モバイル版準備中

Via: DEXERTO

コメント

  • Comments ( 19 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    運営が強く無いって言うならとんでもなく強いでしょ
    運営のプレイスキルでの当てにくさに見合ったリターンのスキルに調整してるってことなんだから、実際のプレイヤーが使ったらとんでもなくなるのが容易に想像つくよ

  2. By 匿名

    これもうぶっ壊れナーフ確定じゃんな?弓のときも当てるの難しいとか言ってなかったかこのエアプ開発ども。

    既に言われてるけど当てるの難しいならブラハと組めばいいし・・・

  3. By 匿名

    エアプ運営の発言には何の信用もしてない

  4. By 匿名

    運営はゲーム下手だから当てるのは難しいって言ってるんでしょ?

  5. By 匿名

    心音とかも聞いてみないとわからないけど音声系はまんま使ってるデバイスの値段で有利不利決まり易いんだよなぁ 

    • By 匿名

      それはそこに金掛けてないのが悪い気が。タルコフとかそうだけどFPSやってるなら音は重要な要素だしヘッドセットは良いものを買うべき

      • By 匿名

        これが難しい問題なのよね CS機ってOSの関係で音の品質(特にサラウンド)がPCとめっちゃ別物になったり そもそもCS機はお金で起こるハードの優劣を知らない事も多い(人気FPSになるほどリフレッシュレートとか知ってる人の方が稀) まぁこれはCS機の手軽さとコスパとのトレードなのでそこもメリットなんだけどね ただユーザーがハード間の優劣に疎いからゲーム側が合わせる事も珍しくない CoDとかBFネイティブなサラウンドCSだと絶対しないし Apexはそれに比べるとWindowsの設定そのまま読み込むからGSX1000とか使ってると他ゲーよりサラウンドが良いんだよね  

  6. By 匿名

    範囲が狭くて見てから回避可能なら当たるやつが悪いって感じになるのかね
    トレーラー見る限り画面一杯にエフェクト広がってて着弾も遅くなさそうだったが……

  7. By 匿名

    いや、サイレンス8秒はなげえよ

  8. By 匿名

    bo4のゼロ実装された時のうざさ再来だと思うんだがどうなんやろうね
    回復出来ない蘇生出来ないアビ制限はウザいと思うわ

    • By 匿名

      エアプド下手運営には戦闘において8秒がどんだけ長いのかわからんのだろうな

  9. By 匿名

    ブラハと組んだら壁越えで当てれるのでは、、、

  10. By 匿名

    このアビリティって前情報からするとブラハのスキャンみたいな偵察用途じゃなくて
    シールド削って隠れた敵の炙り出し+追撃用途だからそこまで難しく無いんじゃない?

コメントする

*