ブランド戦略で『PUBG』が『PUBG: BATTLEGROUNDS』にタイトル変更、「何かがおかしい」と話題

ブランド戦略で『PUBG』が『PUBG: BATTLEGROUNDS』にタイトル変更、「何かがおかしい」と話題

近年のバトロワブームに多大な影響を与えた『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG / プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)』。最近タイトルが変更され、『PUBG: BATTLEGROUNDS』となったのですが、よく考えるとこのタイトルはおかしいのでは…と指摘されています。

バトロワの先駆者『PUBG』

大人数が一つの広大なマップに集合し、最後の一人になるまで戦う」というシンプルかつ魅力的なコンセプトは、バトルロワイヤル(バトロワ)ものとして一時代を築いています。

pubgkeyarts

このバトロワジャンルの隆盛に貢献したタイトルとして欠かせないのが、PUBG Studiosが手がける『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』。2017年にPC版が正式リリースされて同時接続プレイヤー数が100万人を越えるなどの大ヒットを記録しました。ブームはさらに加速し、Epic Gamesの『フォートナイト』もバトロワモードをフィーチャーして幅広い世代やプラットフォームで大ヒット。Raven Softwareの『CoD: ウォーゾーン』やRespawn Entertainmentの『エーペックスレジェンズ』も独自の魅力を付け加えてその後に続き、バトロワは現在に至るまで世界中のプレイヤーを魅了し続けています。

日本国内でもeスポーツ競技シーンPUBG Esports JAPANが盛り上がりを見せ、現在でも大きなプレイヤーベースを維持している『PUBG』ですが、実は2021年の6月末から7月にかけてタイトル変更を行っています。

しかしこの変更後のタイトルが奇妙であるPC GAMERがツッコミを入れています。

プレイヤーアンノウンズ・バトルグラウンド・バトルグラウンド?

pubgbattlegrounds_PUBGタイトル変更
PUBG: BATTLEGROUNDSの新たなキーアート

公式ソースのリリースは出ていないようですが、6月末のどこかの次点で、Steamのストアページや販売を手がけるKrafton社のサイトにおいて、このゲームのタイトルが『PUBG: BATTLEGROUNDS』に変更されていることが確認されています。北米公式Twitterアカウントでも、過去のツイートを下っていくと、6月末から7月にかけて画像に使用されているロゴが変化していることが見て取れます。

PC GAMERはこのタイトル変更について、そもそも「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDSは良いタイトルなのか。私はそう思わないし、ほとんどの人はこの『プレイヤーアンノウン』さんについて、バトルグラウンドを持っている人であること以外は何も知らないだろう」としつつ、それでも『PUBG: BATTLEGROUNDS』というタイトルだと「プレイヤーアンノウンズ・バトルグラウンド・バトルグラウンドになってしまう」とツッコミを入れ、「『PUBG』のままにするか『PU: BATTLEGROUNDS』にするか選ばないといけない(このタイトルもよろしくないが)」と嘆いています。

playerunknownについて
PLAYERUNKNOWNとは(Steamより

また「PUBG」がその略語としての性質を失い、一つの固有名詞のように扱われていることで、実質的にPLAYERUNKNOWNの存在が薄らいでいるのですが、一方でSteamのストアページにはしっかりPLAYERUNKNOWNについての解説が残っている点を、整合性の面でおかしいと指摘しています。

拡大するPUBGの世界に注目

なぜタイトルを変更したのかについてPC GAMERがKrafton社まで問い合わせたところ、タイトル変更の詳細な理由や経緯についての回答は得られず、また「BGがバトルグラウンドの略でないのならPUBG全体でどういう意味になるのか」も分からなかったとのことです。

一方でこれはPUBGユニバース全体のブランド戦略と関係があり、『PUBG: BATTLEGROUNDS』への改名もその一環とのことです。つまり「PUBG」をブランド全体の総称とし、そのうちのPC版・コンソール版タイトルが『PUBG: BATTLEGROUNDS』というわけです。奇妙な感じはしますが、確かにこれなら分かりやすいでしょう。

PUBG: NEW STATE | Pre-Registration Trailer

現在も、PUBGシリーズの新作となるモバイルアプリ『PUBG: NEW STATE(PUBGニューステイト)』が事前登録を受付中で、こちらは既に2,000万件の登録数を超えるなど高い期待を集めています。事前登録をすると限定車両スキンが獲得できるので、Androidをご利用の方は今のうちに登録をお忘れなく(iOSの事前登録は8月中を予定)。

いつの間にか改題されていた『PUBG: BATTLEGROUNDS』について、細かいところが気になる方にはもどかしい話かもしれませんが、eスポーツや新作を交えながらさらなる拡大を続けるPUBGの世界に、これからも引き続き注目していきましょう。

『PUBG: BATTLEGROUNDS』は発売中で、対象機種はPC(Steam) / PlayStation 4 / Xbox One

Source: PC GAMER

コメント

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    PUBG:〇〇の〇〇がたくさん出て行けば違和感無くなるよ
    今のPUBGブランドには、まだ開始してないNewstateぐらいしかないから変に感じるけど

  2. By 匿名

    マコーレー・マコーレー・カルキン・カルキン
    と同じ認識だな。

  3. By 匿名

    PlayerUnknown sってのはバトロワを表してるんじゃなくて「PlayerUnknown」が作ったって意味だぞ
    虹六のTom Clancy`s と同じようなもん

  4. By 匿名

    さすがにこの名前だとアホっぽいと思う
    意味の重複はもちろん
    PUBGは略称だし、そこからまた長ったらしい名前を付けたら本末転倒だ

  5. By 匿名

    PUBG:PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDSでええやん
    PLAYERUNKNOWN’Sを消すからおかしくなる

  6. By 匿名

    PUBGって名前はいいんと思うんだけどね とくにPlayerUnknown sはバトロワを正しく名で表してる 文章として完璧だけど名詞としては使いにくいからなんだろうけど 個人的にはタイトルだけならかなり好きな部類かなぁ 

コメントする

*