Call of Duty League 2021:チャンピオンはアトランタ・フェイズで約1.3億円獲得、MVPは“ファーストブラッドの王”aBeZy選手

Call of Duty League 2021:チャンピオンはアトランタ・フェイズで約1.3億円獲得、MVPは“ファーストブラッドの王”aBeZy選手

『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』の公式eスポーツリーグ「Call of Duty League 2021」のチャンピオンシップにて、アトランタ・フェイズが優勝。栄誉と賞金120万ドル(約1.3億円)を獲得しました。

CDL2021 チャンピオンシップ

グランドファイナル:フェイズ 5-3 ウルトラ

  1. ハードポイント(Moscow):175-250
  2. サーチアンドデストロイ(Express):6-5
  3. コントロール(Raid):3-0
  4. ハードポイント(Raid):250-78
  5. サーチアンドデストロイ(Miami):2-6
  6. コントロール(Garrison):3-2
  7. サーチアンドデストロイ(Raid):5-6
  8. ハードポイント(Apocalypse):250-147

ハードポイントはウルトラが、サーチアンドデストロイはフェイズが取り1-1のタイに。第3・第4ゲームはフェイズの庭とも言えるRaidで、さすがの強さを発揮し大差で勝利します。

続くサーチアンドデストロイはウルトラが取りますが、Garrisonのコントロールは逆転でフェイズが勝利。流れを渡さずシリーズポイントに到達します。

Raidのサーチアンドデストロイではマッチポイントまで迫るもウルトラに阻まれます。しかしApocalypseのハードポイントではチャンスを逃すことなく、優勝を決めました。

MVP:aBeZy選手

MVPはaBeZy選手。“ファーストブラッドの王”はコントロールで最高のK/Dを記録しました。

順位と賞金

  1. アトランタ・フェイズ:120万ドル
  2. トロント・ウルトラ:65万ドル
  3. ダラス・エンパイア:30万ドル
  4. ミネソタ・ロッカー:15万ドル
  5. オプティック・シカゴ:7.5万ドル
  6. ニューヨーク・サブライナーズ:7.5万ドル
  7. ロサンゼルス・シーブス:2.5万ドル
  8. フロリダ・ミューティニアーズ:2.5万ドル

『CoD:BOCW』の発売日は2020年11月13日で、対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series X | S。

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    自分たちに都合のいいGAまみれの大会で優勝ですか🤓
    かっこいいれす🤓

  2. By 匿名

    安西先生と宮城リョータいるね

コメントする

*