CoD:ウォーゾーン:”シーズン5リローデッド”パッチノート公開、武器15種・アタッチメント15種への調整など(開発者コメントつき)

CoD:ウォーゾーン:”シーズン5リローデッド”パッチノート公開、武器15種・アタッチメント15種への調整など(開発者コメントつき)

アクティビジョンおよびRaven Softwareは『Call of Duty: Warzone(コール オブ デューティ ウォーゾーン)』のアップデートである「シーズン5リローデッド」をリリース、パッチノートを公開しました。この記事ではそのうち、期間限定イベントや武器の調整に関する部分を翻訳してお届けします。

『CoD:BOCW』シーズン5リローデッド

期間限定「ナンバーズ」イベント

現地時間9月21日からスタートする「ナンバーズ」イベントでは、ヴェルダンスクの各地にちらばる移動放送局を調査することで、以下の報酬が手に入ります。

  • 現在の対戦で即座に5,000キャッシュ・ボーナスを獲得
  • イベント中、それぞれ異なる移動放送局を起動するたびに、ステッカーやコーリングカード、チャームといった限定報酬や、少量のXPが手に入る
  • 「ナンバーズ」イベント中に、『ウォーゾーン』か『BOCW』で全9種のチャレンジを達成することで、近接武器の釵(さい)をアンロック

新武器・釵(さい)

新武器_sai_サイ_釵
  • 釵:近接武器(BOCW)
    • 現地時間9月21日に始まる期間限定イベント「ナンバーズ」の開催中に、『ウォーゾーン』または『BOCW』で全9種のチャレンジを達成すると、実用性に富む新たな近接武器を入手できる

武器への調整

シーズン5リローデッド_武器変更
今回調整対象となる武器

開発者コメント:BOCWの武器のパワーレベルを評価したところ、使いやすさと有用性の間にいくらか格差が確認されました。Krig 6 (BOCW)は、ほぼすべての交戦距離で素晴らしい性能を発揮しています。あらゆるスキルレベルのプレイヤーが使用できる、幅広い武器を用意することは重要であると考えていますが、ゲームの健全性を保つためには、求められるスキルに応じてその有用性が適切に調整されることも重要です。

もしプレイヤーが、ある武器を使ってぴったり正確な強さを発揮できるなら、そのキルタイムが自分にとって最も扱いにくい武器よりもわずかに遅かったとしても、他の武器を選ぶことがあるでしょうか?これらの武器への対応を進める中で、リコイルコントロールを強化するBOCWのアタッチメントの調整も行う予定です。これらの変更により、より公平かつ多様性のある、長期的な展望を提供できると考えています。 

アサルトライフル

  • C58(BOXW)
    • リコイル調整

開発者コメント:C58(BOCW)のような高ダメージの武器は、発射速度が遅くリコイルが多い傾向があり、概して素早いキルタイムを得られるそのポテンシャルとのバランスが取れています。C58(BOCW)をコントロールするのは、Krig 6(BOCW)と似たようなダメージ・プロファイルを持つ武器として適切と思われる難易度よりも、少し簡単なものでした。「リコイル調整」と言うと漠然としていますが、今回のような変更は往々にして数字だけで正確に定量化するのが難しいものなのです。C58(BOCW)のリコイルはわずかに増加していますが、この変化の大部分はリコイルパターンの偏差で感じられます。この偏差が大きくなると、微妙なズレが生じ、ターゲットからの距離に応じて補正していくことが難しくなります。

  • EM2(BOXW)
    • 標準サイトで目が置かれる位置を後方へ引いた

開発者コメント:EM2(BOCW)は、今回の変更によって直接的には有用性は低下しません。しかし、標準サイトが高倍率サイトの代わりとして適切なものではなくなります。バレルのリコイルコントロールへの変更と合わせて、EM2はそれほどスキルのないガンナーの選択肢としてはやや見劣りすることになるでしょう。

  • FAL(MW)
    • 胴体上部へのダメージ倍率を1.1倍から1倍へ低下

開発者コメント:一部の人は落胆したり驚愕したりするかもしれませんが、こちらのデータによると、FAL(MW)は絶対的なモンスターです。FAL(MW)は依然として非常に速いキルタイムを達成することができますが、このキルタイムの速さをヘッドショットに裏付けられたものへと固定します。このような変更は、安定して得られるキルタイムを300ms台にするというこちらの目標に沿ったものです。

  • Groza(BOCW)
    • ダッシュから発砲までのスピードを15%上昇

開発者コメント:Groza (BOCW)は未だにこちらが意図したその役割を果たすことができていません。「けんか好き」タイプの、アサルトライフルとSMGのハイブリット武器なので、ダッシュから発砲までの速度がベース値でも遅いことが大きな障害となっていました。今回の変更により、近距離戦でさらに自信をもってSMGに対抗できるようになります。 

  • Krig 6(BOCW)
    • 最大ダメージを30から29に減少
    • 中ダメージを25に
    • 最小ダメージを25から23に減少
    • 武器のキックバックを調整

開発者コメント:Krig 6(BOCW)でのキルの大半は、その最大ダメージ距離の範囲内で起きており、当然ながらこれはBOCWの全アサルトライフルの中で最長のものです。今回の変更により、最大ダメージ距離内でのキルタイムのブレイクポイントに、1発分の影響が出ます。さらに、3つ目のダメージ距離を追加しました。ダメージ距離を拡張する今回のビルドは、中ダメージとなる距離を100メートル近くまで押し上げていますが、これはKrig 6(BOCW)でキルが起きる平均的な距離をはるかに超えているため、大きな影響を与えるとは見ていません。しかし、Krig 6(BOCW)にとって悪いことばかりではありません。射撃中の武器の「バウンド」をいくらか減らして、より楽しく使えるようにしました。

ライトマシンガン

  • Stoner 63(BOCW)
    • リコイルをわずかに増加

開発者コメント:Stoner 63(BOCW)は、タスクフォースとマッチグレード・バレルによりリコイルコントロール・ボーナスが追加される以前から、信じられないほど命中精度の高いLMGでした。リコイルの基準値が増加し、前述したバレルが提供するリコイルコントロール・ボーナスの量が減少したため、Stoner 63(BOCW)は、長距離でターゲットをロックし続けることがより難しくなっています。

タクティカルライフル

  • AUG(BOCW)
    • リコイル低減

開発者コメント:AUG(BOCW)をはじめとする多くのタクティカルライフルは、3シーズン近くスポットライトを浴びていませんでした。そのため、バースト武器のバランスを考慮して、その有用性を再検討する良い機会だと考えています。今回の変更により、AUG(BOCW)はより狙いやすいものになりましたが、数シーズン前のAUG(BOCW)とM16(BOCW)の優位性に大きく貢献した、チタンバレルの効果低下はそのままとしています。

  • DMR 14(BOCW)
    • リコイル調整

開発者コメント:今回の変更は、リコイルがはっきりと「減った」というよりは、「作り直した」という感じです。DMR 14(BOCW)は、シーズン1での変更以来低迷していましたが、忘れ去られたわけではありません。DMR 14(BOCW)が、新しい武器になったように感じられることを期待しています。セミオートの愛好家にとっては、DMR 14(BOCW)が今回の変更で復活するかもしれません。

  • M16(BOCW)
    • 武器のキックバックを低減

開発者コメント:今回のパッチで調整されるタクティカルライフルのうち、M16への変更は最も小規模なものです。これは、M16(BOCW)は既にバースト武器として適切な位置にいると我々が感じているからでもあります。

  • Type 63(BOCW)
    • ヘッドショット倍率を2.1倍から1.58倍に低下
    • 首への倍率を1.2倍から1.5倍に上昇
    • 胴体上部への倍率を1.2倍から1倍に低下
    • 胴体下部への倍率を1.1倍から1倍に低下
    • 武器のキックバックを低減

開発者コメント:最近Type 63(BOCW)の評価が上がっていますが、それには理由があります。ヘッドショットが1発あればキルタイムは332ms、2発あれば166msという、驚異的な速さになるためです。これはキルタイムがゼロ(弾丸の移動時間のみ)のスナイパーライフルだけが対抗できる速度なので、この点を踏まえると、Type 63(BOCW)がいかに常軌を逸していたかがわかるでしょう。今回の変更は極端に見えますが、まだキルタイム332msは可能です。

サブマシンガン

  • MP5(MW)(10mmオート30ラウンドマガジン装着時)
    • 最大ダメージを34から31に減少

開発者コメント:最大ダメージの変更は、今シーズン開始時のMP5(MW)への調整と対になっています。

  • OTs 9(BOCW)
    • 最大ダメージとなる距離を6.2%短縮

開発者コメント:OTs 9(BOCW)はこちらが思ったよりもやや強くなっているようですが、今回の変更がこの武器の有用性にどのくらい広範な影響を与えるか、まずは見ていきたいと思います。OTs 9(BOCW)は常にバレル内を弾が走り続けるようなSMGの真骨頂として意図されていました。有効射程距離内でショットガンに対抗することを意図されたSMGなのです。この目標は達成できると思いますが、最大ダメージとなる距離は、他のBOCWのSMGよりも短いとはいえ、まだ長すぎるのかもしれません。今回の変更後も引き続き、OTs 9(BOCW)のパフォーマンスをじっくり注視していきます。

  • PPSh-41(BOCW)
    • 武器のキックバックを調整
    • ADS時の揺れを調整

開発者コメント:PPSh-41(BOCW)を撃っていると、武器のキックバックによって弾の方向が分かりにくくなることがあります。今回の変更は些細なものですが、しっかりと射撃方向をそろえることができるかどうかに大きな影響を与えます。

スナイパーライフル

  • Swiss K31(BOCW)
    • リコイル調整

開発者コメント:Swiss K31(BOCW)の発砲時のリコイルの挙動を改善しました。今回の変更はこの武器の有用性に測定可能な影響を与えないため、ほとんど気づかれないと思われますが、全体的な操作感は改善されるはずです。

  • ZRG 20mm(BOCW)
    • リコイル調整

開発者コメント:Swiss K31と同様にZRG 20mm(BOCW)にも発砲時のリコイル挙動にいくつか変更を加え、見栄えやサウンド、そして何より重要な、ヴェルダンスク最凶スナイパーライフルとしての操作感を確かなものにしています。

バレル

  • アサルトライフル
    • レンジャー/リベレーター/GRUコンポジット
      • 垂直リコイル・コントロールを10%から8%に減少
    • レインフォースヘビー/VDVレインフォース/コントゥア
      • 水平リコイル・コントロールを5%から4%に減少
      • 垂直リコイル・コントロールを5%から4%に減少
    • テイクダウン/コントゥア M2
      • 水平リコイル・コントロールを10%から8%に減少
    • タスクフォース/スペツナズRPK/CMVミルスペック
      • 水平リコイル・コントロールを10%から8%に減少
      • 垂直リコイル・コントロールを10%から8%に減少
  • ライトマシンガン
    • マッチグレード
      • 水平リコイル・コントロールを5%から4%に減少
      • 垂直リコイル・コントロールを5%から4%に減少
    • タスクフォース
      • 水平リコイル・コントロールを10%から8%に減少
      • 垂直リコイル・コントロールを10%から8%に減少

開発者コメント:これらのバレルのリコイルコントロールに適切な大きさを定めたことにより、個々の武器に異なる影響を与えることが予想されます。これらのバレルから得られるリコイルコントロールへの依存度が高い武器は、武器をマスターする目標に沿っているかどうかを確認するために、個別に対応する必要があるかもしれません。

  • タクティカルライフル
    • DMR 14(BOCW)
      • 16.3” チタン
        • 射程距離短縮ペナルティを25%から20%に減少
        • 発射速度増加ボーナスを16.7%から15%に減少

開発者コメント:前述したDMR14(BOCW)の変更に伴い、最も強力なアタッチメントの性能のうち1つを調整する必要があると考えました。

リアグリップ

  • アサルトライフル
    • Groza(BOCW)
      • サーペントグリップ
        • ADS速度増加ボーナスを9%から7%に減少

開発者コメント:Groza (BOCW)のダッシュから発砲までの速度の増加に合わせて、サブマシンガンの領分を超えないようにするために、また、既にSMGのようなADS速度を持っていることからも、サーペントグリップの効果を低減させます。

『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』の発売日は2020年11月13日で、対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series X | S。

Source: Raven Software

コメント

  • Comments ( 14 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    来シーズンは素直にBFやってCODがやりたくなったらBOCWやる予定

    • By 匿名

      同じく
      キッズだなんだの言ってないで好きな方やりゃいいのにな
      否定派が少ないとか周りの意見なんてどうでもいいわ

  2. By 匿名

    MWのバランスゴミとかアホか
    過去最高に良かったろ…シーズン5まで。
    CWを上げるためにMWを下げたボドカとボドキッズがなんかいってら

  3. By 匿名

    MWが好きです←わかる
    だからCWを下げます←???

    アホじゃん

  4. By 匿名

    どっちもマルチのバランスはゴミだろ

  5. By 匿名

    ちょっとでも批判されたらすぐキッズ扱いは草
    効きすぎだろ

    • By 匿名

      そんなキッズって言葉に敏感になるなよw
      効きすぎだろ()

      • By 匿名

        キッズって言葉に敏感すぎだろとかいうアホみたいな返し

        • By 匿名

          アホみたいな中身のない煽り自分からしておいて何言ってんだ?

  6. By 匿名

    開発がMWを切りにって何言ってんだ?
    旧作であり2年目のゲーム今更メインにしていくわけないじゃん
    むしろ2年目で新マップや完全新武器出してくる破格のサービスしてんだから十分優遇されてる

    そんでもってBOキッズは脳死でBO以外はネガキャンしてやらないんだから無視して大丈夫
    MW否定派が少数なのは売り上げが示しているから

    • By MWをこよなく愛す者 soap

      ありがとう、COD好きなのが伝わってくる
      俺BO2から始めたしBO大好きな所謂BOキッズだけどMWのエンジン更新した時は衝撃すぎて惚れたんだよね
      たしかにMWについては否定派が少ないイメージある、めっちゃ納得
      ちょっと元気出たわ、ありがとう!
      これからもMWやるぞ〜
      vanguardも楽しみ

  7. By MWをこよなく愛す者 Soap

    CWも無事コスプレオワコンゲーに成り果てたんだからMWに戻ってこようぜみんな
    みんなの力でMW活性化させてくれ…
    スペシャリストの紹介ムービーやらトドメの一撃のモーションが告知も無しに見れなくなって
    開発がMWを切りにきてるのが丸わかりすぎてクソ萎えてるんだ
    たのむEAA読者諸君の力を貸してくれ

    • By 匿名

      悪いけどboシリーズが好きな人は戻らないよ
      MWなんてやるくらいならbo4やる

      • By 匿名

        BOシリーズ好きだし、この間久々にBO4やったけどスプリントで視点が上下しすぎて戻る気になれんかったわ
        MOZUのスカルブレイカーだけは楽しかった

        流石にあんたの主語はでかすぎる
        正しくは「boシリーズが好きな俺は戻らないよ」でしょ。

コメントする

*