レインボーシックス シージ:Y6S4″プレシーズンデザイナーノート”公開、アングルグリップ弱体化/Goyoリワーク延期など

レインボーシックス シージ:Y6S4″プレシーズンデザイナーノート”公開、アングルグリップ弱体化/Goyoリワーク延期など

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』ではイヤー6シーズン4「オペレーション・ハイキャリバー」のテストサーバーが進行中。このテストサーバー開始に合わせて「プレシーズンデザイナーノート」も公開されており、新シーズンの全貌公開配信では説明の無かった変更について補足されています。

Y6S4プレシーズンデザイナーノート公開

シージでは各シーズンのテストサーバーがスタートする際に、「プレシーズンデザイナーノート」が公開され、新シーズンの開幕に向けてどのような意図で各種の変更を行ったのか、開発スタッフからの解説を読むことができます。

この記事ではそのうち、「オペレーション・ハイキャリバー」の全貌を公開する配信では説明されなかった変更点について紹介していきます。

Goyoのリワークは延期

2021年2月にイヤー6全体のロードマップが発表されたのと同時に公表されていた、防衛オペレーターGoyo(ゴヨ)のリワークについては、「プランに沿った変更を行うにはアニメーションを一から作り直す必要があることも分かり、当初の想定よりも長い時間がかかっています」とあり、延期となったことが判明しています。

箱型の設置型デバイスに
箱型の設置型ガジェットに(テクスチャはテスト版)

このリワークは、「展開型シールドと合体していたボルカンを分離させ、防弾カメラと同じように壁や床にも設置できるようにする」というものですが、リワークの意図や予定している仕様については特に説明がなかったため、今なお謎のリワークとなっています。動画はこちらで確認できます。

Finkaについての補足

  • ダウン状態でアドレナリンサージを使えるようになりました
  • アドレナリンサージによる反動ブーストを削除
  • クールダウンを10秒から20秒に延長

アドレナリンサージで自己蘇生も可能になったことは配信時にも明かされましたが、この強化と入れ代わりに、銃のリコイルが緩和される効果が削除され、またクールダウンも倍になるという形でバランスが取られています。

リコイルブーストの削除については「アドレナリンサージの反動バーストは感覚的に習得した反動パターンを変えてしまうため、メリットよりもデメリットの方が大きい場合があるとのフィードバック」を受けた結果と説明されています。

防衛側カメラについての補足

ブラックアイやイービルアイ、防弾カメラを外に置くと、10秒後に信号が喪失するという変更については既に明かされました。これに合わせて、Echo(エコー)のヨーカイドローンとMozzie(モジー)で奪ったドローンが屋外に出られる時間も、3秒から10秒に延長。防衛側の全カメラガジェットが統一されています。

屋外の様子を見るのには不向きだったMozzieのドローンが制限時間10秒に延長されたことは、飛び出しへの新しい可能性につながるのかもしれません。

他にもMaestro(マエストロ)のイービルアイからのカメラ映像について、仲間も回転操作ができるアップデートが加えられています。

アングルグリップ弱体化とADS速度のリワーク予告

  • アングルグリップによるエイム速度の上昇が以前より20%低下

アングルグリップのADS速度増加ボーナスは他のアタッチメントにはない恩恵でしたが、「非常に強力なアタッチメントであったため、ほぼすべてのケースにおいて欠かせないものになっていました」とあり、弱体化されています。対になっているバーティカルグリップとのバランスを取る目的があると思われます。

また、今後のさらなる変更についても予告されています。

  • ADS時間などの武器の重要情報をより適切かつ明確に表示できるようなHUDの改良に取り組んでいる
  • 武器クラスだけでなく、武器ごとのこれらの値(ADSを含む)のバランスの調整に取り掛かり、それぞれの武器の固有性をさらに強化していく

つまり、これまで武器クラスで統一されていたADS速度(たとえばアサルトライフルのADS速度は400ms、SMGは300msになっている)が、武器ごとに異なるADS速度へと設定し直されるのかもしれません。

(コンシューマー版)武器リコイル変更

コントローラーでシージをプレイする際に、一部の武器リコイルが制御しにくかった点が改善されています。

  • Jager(イェガー): 416-C
  • Ash(アッシュ):RC4
  • Vigil(ヴィジル):K1A
  • Zofia(ゾフィア):M762
  • Ace(エース):AK-12
  • Warden(ウォーデン)、Dokkaebi(トッケビ)、Vigil:SMG-12
  • Mozzie、Aruni(アルニ):P-10 Roni
  • Alibi(アリバイ):Mx-4 Storm
リコイル変更コントローラー
コントローラー使用時の、各武器のリコイル変更

全体的に横反動が緩和されていることが分かります。PS版シージをやっている方には朗報となるでしょう。

イヤー6シーズン4「オペレーション・ハイキャリバー」のテストサーバーは現在進行中。PC版シージをお持ちの方は、ぜひこのテストに参加し、データやフィードバックを提供してみてください。

Source: R6S Official

コメント

  • Comments ( 9 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    いい加減PSもマウスを認めちゃえばコントローラー限定の調整をしなくて済むんじゃないの?

    • By 匿名

      CSでマウス使いたいならPC買えばいいだけだろ。

    • By 匿名

      PCやれ

  2. By 匿名

    防衛オペはアングル有無で使いやすさに天地の差があったから妥当だと思う
    p10Roniへの追い打ちになってるけど

  3. By 匿名

    そもそもみんながアングル使うのは、だいぶ前に全武器のADS速度遅くなったからやろ

  4. By 匿名

    アングル弱体化以外は良いね。
    アングルは反動強めの武器に多めに配ればいいんじゃない?

  5. By 匿名

    アングルが強力なのは間違い無いからなぁ
    脳死でつけるみたいなとこもあったし、早いとこ武器ごとにADS値いじって欲しいな

  6. By 匿名

    実際にやってみないとわからんな、まあTTS待ちか

  7. By 匿名

    ADS周りに関しては余計なことしないでほしい

コメントする

*