レインボーシックス シージ:大きすぎた”コンパス”の再リワークなど新アップデート告知、Y6S4.1の変更点も判明

レインボーシックス シージ:大きすぎた”コンパス”の再リワークなど新アップデート告知、Y6S4.1の変更点も判明

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』ではイヤー6シーズン4「オペレーション・ハイキャリバー」のテストサーバーが進行中。日本時間11月24日には新たなアップデートが予告されており、その大きさから賛否あったコンパスなどが再調整されるようです。

コンパスが再びリワーク

コンパスなど
追記:コンパス・体力などの表示を変更できるようになった

追記:最新のTSアップデートで、以下の変更は既にテストサーバーに実装されています。

現地時間11月30日にスタートする新シーズン「オペレーション・ハイキャリバー」では、UIのリワークも行われており、画面下部のコンパスも新しいものにアップデートされています。

この新コンパスは3重の円で構成され、ピンの位置を立体的に表現することが可能になりましたが、一方では大きすぎるのではないかという意見も見られていました。旧コンパスと比較すると、その半径は2倍ほどになっています。

日本時間11月24日、シージ開発側はこのフィードバックを受け、従来のコンパスと同じサイズの別バージョンを発表。どちらを使うかはオプションメニューで設定できるようにする、というアップデートを告知しています。

UIなど一新
「でかい」とされた新コンパスが再リワーク

アクションリマインダーなども調整

同様に、Y6S4でテキストから専用アイコンへとリワークされるアクションリマインダー(ガジェットの使用や、ディフューザー設置時などに画面中央下部に表示されるもの)も調整され、ADS時には表示が薄くなります

また、薄さの度合い(不透明度)についても、オプションメニューで設定できるようになります。

これらに加えてさらに、体力ゲージロードアウト部分のUIの大きさも変更できるようになるとのことです。

Y6S4.1の予告も

オペレーターカード
さすがに邪魔だったのかもしれない

今回のアップデートでは、次々回Y6S4.1で予定しているアップデート内容の一部も公開されています。Y6S4では新たにオペレーターカードの編集機能が追加され、観戦画面にも仲間のカードが表示されるのですが、これをオフにするオプションが追加されるそうです(テストサーバー上には既にオプションが追加されています)。

発表された形だと、画面の左側が隠されてしまう点への不満が寄せられたのかもしれません。

新オペレーターThorn(ソーン)や「アウトバック」にマップリワークが入るY6S4「オペレーション・ハイキャリバー」は、現地時間11月30日にリリース予定です。各種の変更点を再確認し、新環境での戦いに備えておきましょう。

Source: R6S Twitter

コメント

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    新規のために全体マップ追加して

  2. By 匿名

    自分がやってた時より、やり易そうだ。またやろうかしら

  3. By 匿名

    TTSやってみたけどコンパスとピンの連動は意外にも嬉しかったな、あと立てた黄ピンの部屋名が出るのもありがたい

  4. By タカチャン

    コンパスとかUIの変更とか本当にどうでも良いので、そこに割いてるリソースをマップリワークや調整に充てて欲しい。未だに等倍サイトを全種類使えないのは意味が分からない。

    • By 匿名

      全然まったく1mmもどうでも良くないし、マップリワークは今シーズンずっと行われてる真っ最中
      等倍サイトは確かに全部使わせてほしいけど、それとこれとは全然関係がなさすぎる

    • By 匿名

      ゲームの利便性の向上の為だよ。
      大体マップリワークも調整もしてるのにアホかな?
      あぁ、コテハンついてる時点でドアホだったな。

  5. By 匿名

    今回のコンパスの修正めっちゃ早くてとても良い
    テストサーバー様々よ

コメントする

*