エーペックスレジェンズ:世界1億7,500万人のファンに感謝! “総キル数”や”ネッシー設置回数”など2021年の総データ公開

エーペックスレジェンズ:世界1億7,500万人のファンに感謝! “総キル数”や”ネッシー設置回数”など2021年の総データ公開

Respawn Entertainmentの『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』ではシーズン11「エスケープ」が進行中。日本時間12月21日にはエーペックスの公式Twitterより、世界中の全プレイヤーが2021年内に記録した、さまざまなデータが紹介されています。

2021年のエーペックスもあとわずか

今年もあと2週間足らずとなりましたが、プレイヤーの皆さんにとって、2021年のエーペックスどのようなものだったでしょうか。

ゲーム内では、ヒューズヴァルキリーシアアッシュの4人の新レジェンドが各シーズンで登場し、バトロワモードには新マップ「ストームポイント」が追加。さらには2チーム制対戦の「アリーナモード」が実装されるなど、環境に劇的な変化が見られました。

さらにゲーム外に目を向けると、シーズン10開始時にライバルたちを押しのけてTwitchのトップトレンドになり、日本でもエーペックス公式ポップアップストアが開催。一方では長らく主要な役割を担ってきた開発スタッフたちがRespawnを退社するなど、さまざまな出来事があった一年でした。

そんな2021年を、エーペックス公式Twitterも各種のデータで総括しています。

  • 2021年のプレイヤー記録
    • キル数:220億回以上
    • モザンビークでのキル数:4億4,600万回
    • 蘇生回数:55億回
    • アルティメット使用回数:160億回
    • ネッシー設置回数:2,700万回
    • リスポーン回数:10億回

最後は、世界に1億7,500万人いるエーペックスコミュニティのメンバーたちへ、開発スタッフよりエーペックスファンの一人として感謝が述べられています。

エーペックス統計2021年キル数
キル数とモザンビークでのキル数
エーペックス統計2021年蘇生
蘇生、アルティメット、ネッシー、リスポーン回数
エーペックス2021年統計開発からの感謝
1億7,500万人のコミュニティメンバーへ感謝

2022年のエーペックスは?

2022年もエーペックスは「やることリスト」が山積みで、定例のシーズン・アップデートや期間限定イベント、レジェンドのバランス調整以外にも、以下のコンテンツがリリース待ちの状態になっています。

  • 2022年にリリースされるかもしれないコンテンツ
    • モバイル版『エーペックスレジェンズ
    • PS5など次世代機版エーペックス
    • プラットフォーム間でアカウントをリンクするクロスプログレッション機能
    • トーナメントマッチ(カスタムサーバー)の一般開放

どれも公式サイトや開発スタッフ経由でリリース計画が明かされているものの、具体的な日程は不明となっているコンテンツです。これらに加え、2022年には新たな発表が行われることも期待できます。来年も引き続き、Respawn公式や開発スタッフから出るニュースやヒントをチェックしていきたいところです。

日本のプレイヤーの皆さんにとって、2021年のエーペックスはどのような一年だったでしょうか。2022年にいち早く欲しい機能やコンテンツ、調整などがあれば、ぜひコメント欄にお寄せください。

基本プレイ無料FPS『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』の配信日は2019年2月5日で、対象機種はPlayStation 4 / PC(Origin, Steam) / Xbox One / Switch。モバイル版準備中

Source: Twitter

コメント

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    モバイル版ってまだリリースされてなかったんだな

  2. By 匿名

    プレイヤー側から報告されたチーターの総数、
    運営側に確認された不正実行者の総数、
    そして、実際にバン処置を行ったアカウント実数、

    それらの全てこそを私は知りたい。

    • By 匿名

      Me too.

      • By 匿名

        チー牛がコメントしてるやん

    • By 匿名

      面倒くさい奴やな。

コメントする

*