レインボーシックス シージ:3年ぶり新マップ”エメラルドプレーンズ”、PC版テストサーバーに3月22日登場

レインボーシックス シージ:3年ぶり新マップ”エメラルドプレーンズ”、PC版テストサーバーに3月22日登場

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』ではイヤー7シーズン1「オペレーション・デーモンヴェイル」が進行中。現地時間3月22日からは、PC版テストサーバーに新マップ「エメラルドプレーンズ」が登場し、ミッドシーズンでの実装に向けたテストが始まります。

新マップ「エメラルドプレーンズ」がテスト開始

『レインボーシックス シージ』では過去3年間マッププールの全体数がそのままで、カジュアル向けのイベントマップは度々登場してきたものの、本格的な対戦モードでは既存マップのリワークのみが行われてきました。

今シーズンではようやくそれも一区切りとなり、3年ぶりの完全新規マップ「エメラルドプレーンズ」が登場します。

2月の新シーズン発表時にも公開された「エメラルドプレーンズ」は、ミッドシーズンでのリリースが予定されています。この正式実装に向けて、現地時間3月22日(日本時間22日深夜から23日未明ごろからはテストサーバーでのテストが始まります。

追記:テスト開始日は1日延期が発表されており、日本時間23日深夜から24日未明ごろとなります

「エメラルドプレーンズ」の構造

イングランドのカントリーハウスを舞台にした「エメラルドプレーンズ」は2階建ての建物で、レベルデザイナーのJosam L Rene氏の解説によると、まずアタッカーは厩舎やゴルフコースからスポーンし、庭園を抜けて屋内に侵攻することになります。

エメラルドプレーンズ_Rainbow Six Siege_ Demon Veil - Lab Test Server _ Ubisoft [NA] 0-18 screenshot
「エメラルドプレーンズ」はイングランドのカントリーハウスを舞台にしている

建物全体は西ウイングと東ウイングに分かれており、1階にはバーやラウンジ、キッチンやダイニングルームなどの部屋があります。東西は吹き抜けの天井がある暖炉や、噴水エリアでつながっており、攻撃側はこの吹き抜けから暖炉にラペリング降下するという、リスキーなプレイに挑むことも可能です。

階段は3箇所にあり、2階には古典的で華やかな美術品が並んでいます。他にも管理オフィスやCEOオフィス、会議室やアートギャラリーなどの部屋が、新たな戦いの舞台として用意されています。

エメラルドプレーンズ1階Rainbow Six Siege_ Demon Veil - Lab Test Server _ Ubisoft [NA] 0-46 screenshot
1階は主に生活用の部屋で構成されているようだ
エメラルドプレーンズ2階Rainbow Six Siege_ Demon Veil - Lab Test Server _ Ubisoft [NA] 1-12 screenshot
2階には美術品や仕事用の部屋がある

イヤー7のロードマップでも、この「エメラルドプレーンズ」は競技シーンでの使用にも耐えうるバランスのマップとして紹介されていたため、いずれはランクマッチにも組み込まれる可能性があります。一方でまだまだテスト中ということもあり、テストサーバーではグラフィックやサウンドで何らかのバグが生じる可能性がある点はご注意ください。

PC版をお持ちの方は、ぜひテストサーバーに参加し、可能なら見つけたバグについてR6Fixでフィードバックを送りつつ、この「エメラルドプレーンズ」での戦いに向けた予習をしてみてください。

Source: Twitter

コメント

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    アウトバック結構良かったし、ここも良マップだったらいいな
    アザミも楽しいしY7の始まりを飾ってほしい

  2. By 匿名

    久々の新マップ
    心が踊るな

    7年目になっても楽しませてもらってるで
    下手で堪え性の無いやつがドロップアウトしてくからユーザーも少しはまともな奴の比率が上がってきてるしな
    やっぱ神ゲーだ

  3. By 匿名

    こんなクソゲー誰もやってませーんwww
    やってるやつバカでしょ

コメントする