[噂] 『CoD 2.0』構想が求人ページから判明、新たなサブスクリプション型コンテンツを計画中?

[噂] 『CoD 2.0』構想が求人ページから判明、新たなサブスクリプション型コンテンツを計画中?

Sledgehammer Gamesの『Call of Duty: Vanguard(コール オブ デューティ ヴァンガード)』では「シーズン2リローデッド」が進行中。Activisionの買収とともに従来の開発形態が変化することが予想されているCoDシリーズですが、本編で新たなサブスクリプション型サービスが計画されているのかもしれません。

求人情報に意味深なテキスト

現在は『CoD:ヴァンガード』がメインタイトルとなっているCoDシリーズでは、2022年の新作として『CoD:MW(2019年版)』の続編が発売予定であることが発表されています。

しかし2023年以降のプランについて、プレイヤーに向けた公式発表はまだ何もありません。販売元であるActivisonが傘下スタジオごとMicrosoftに買収、Xboxゲーム事業に組み込まれることが決まっているため、これに合わせて「毎年大型タイトルを1本リリースする」という現在の開発ペースを止めるなど、さまざまな情報が飛び交っています。

そんな中、CoDコミュニティでは最近新たに、既に削除されたとあるCoD関連の求人情報が注目されています。

「CoD 2.0」とは?

話題になっているのは、Activision公式サイトの求人募集ページに掲載されていたという「インフルエンサー・マーケティングのマネージャー」の求人で、目撃者の情報によると、これはほんの短期間掲載されたのみで、3月29日の時点で削除されてしまったそうです。

求人情報のキャプチャ画像はDEXERTOで確認することができ、そこには以下のような記述があったようです。

「2022年はコール オブ デューティ(CoD)にとって素晴らしいチャンスです。マルチプラットフォームでのゲームプレイ、サブスクリプション型のコンテンツ、モバイルゲーム開発、コミュニティとプレイヤー間の常時接続への移行など、選び抜かれたプレイヤー体験に並外れたイノベーションを取りそろえています。

私たちはこれを『CoD 2.0』と呼んでいます。 CoD 2.0の時代、このリーダー(※募集されているマネージャー)は、コアなオーディエンスを惹きつけ、新しいオーディエンスに火をつけ興奮させることで、CoDブランドを真に拡張します。彼らはCoDマーケティング全体に文化的燃料を加え、CoDの創造的なアイデアを拡張し、意味付けをしていくでしょう」

この求人に記載されていたという、「サブスクリプション型のコンテンツ」が気になるところです。今後の新作CoDが、MicrosoftのサブスクリプションサービスであるXbox Game Passに組み込まれる予定であることは既に報道されていますが、このことを指しているのでしょうか。それとも、『フォートナイト』のフォートナイトクルーや、『GTAオンライン』のGTA+のような、毎月更新でさまざまなコンテンツが受け取れるメンバーシップ制度が、今後のCoDタイトルにも導入されるのでしょうか。

なお、募集していた「インフルエンサー・マーケティングのマネージャー」の職務については「コール オブ デューティの重要なオーディエンスへのリーチを全体的に拡大する、ワールドクラスのインフルエンサープログラムの管理を担当」するとのことです。

現在もCoD系インフルエンサーは海外を中心に多数その名が知られており、今後も新たなインフルエンサーが活躍していくことが想像されます。新たなサービスやインフルエンサーらを巻き込んだ『CoD 2.0』構想は、どのように展開されていくのでしょうか。今後の重要なキーワードとして注目していきたいところです。

  • タイトル:Call of Duty: Vanguard(コール オブ デューティ ヴァンガード)
  • 発売日:2021年11月5日
  • 対象機種:PS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series X | S
SIE
¥5,391 (2022/04/22 22:21時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント最大10倍!/
Rakuten
\最大10%ポイント追加!/
Yahoo

Via: DEXERTO

コメントする