『CoD:V』2022年の新コンテンツを一挙発表:ゾンビの”ラウンド制モード” / 『BOCW』マルチ新武器&新マップ&ゾンビ新モードなど

『CoD:V』2022年の新コンテンツを一挙発表:ゾンビの”ラウンド制モード” / 『BOCW』マルチ新武器&新マップ&ゾンビ新モードなど

Sledgehammer Gamesの『Call of Duty: Vanguard(コール オブ デューティ ヴァンガード)』では間もなく「シーズン3」がスタート。このうちゾンビモードを手がけるTreyarchは4月15日に、新たなラウンド制モードなど、年内のコンテンツ実装予定を一挙に発表しました。

Treyarchによる2022年のコンテンツ予定

CoDシリーズはActivision傘下のスタジオが協同で開発を行っており、そのうちTreyarchスタジオは現在、『CoD:V』のゾンビモードやランクプレイの担当をしています。

Treyarchは4月15日に公式サイトを更新し、シーズン3、さらには2022年内に予定している各種のコンテンツに関する発表を行いました。

『CoD:V』ゾンビにラウンド制モード導入

  • 実装時期:「シーズン3」終了以降

『CoD:V』のゾンビモードは各種の目標を達成するごとに難易度が上がっていく仕組みですが、コミュニティでは従来型の、ゾンビを倒すほど自動的にゾンビウェーブが苛烈になっていくラウンド制モードが求められていました。

これを受けてTreyarchでは、『CoD:V』用にラウンド制ゾンビ体験を現在開発中です。一新された「Shi No Numa(死の沼)」マップを舞台にしたこの新たなゾンビコンテンツは、『CoD:V』のシーズン3終了以降のリリースを予定しています。

  • 主な新コンテンツ
    • 新マップ「Shi No Numa(死の沼)」
    • 完全新規のメインクエスト
    • サイドクエスト
    • 新たな探索エリア
    • 新たなワンダーウェポン・クエスト
    • 懐かしのフロッガー(丸太)トラップや電気ショックトラップ
    • リマスターされたイースターエッグ
    • 新たなパックアパンチ迷彩
    • 新たなダークエーテルのストーリー

シーズン3のゾンビコンテンツについては、これまで同様に最新のバトルパス武器がサポートされる他、新たな武器アンロックチャレンジや、20種のシーズンチャレンジ、ユニーク・コーリングカード、バグ修正などが行われます。現在の目標達成型ゾンビが、ラウンド制ゾンビに移行することを受け、シーズン3では新たな目標の追加は行われないそうです。その他の新コンテンツについては、シーズン3全体の情報公開時に明らかになるでしょう。

『CoD:BOCW』の新コンテンツ

Jungle_BOCW_WIP_1920x1080_01
開発中の「Jungle」マップ
  • 実装時期:数週間後~数ヵ月かけてリリース

前作『CoD:BOCW』はTreyarchがメインスタジオとなって開発を手がけた作品ですが、『CoD:V』を現在のメインタイトルとしてアップデートしていく傍らで、2022年内は『BOCW』にもさらなる新コンテンツが追加されていきます。

  • 主な新コンテンツ
    • マルチ用の新たな武器1種(ゾンビとウォーゾーンでも利用可能)
    • マルチ用の新たな近接武器1種(ゾンビとウォーゾーンでも利用可能)
    • 「キャンペーンモードではおなじみの」新オペレーター1名
    • リマスターマップ「Jungle」(ジャングル、6v6用)
    • 新たなオペレータースキン、武器設計図、フィニッシュムーブ、コーリングカード、チャーム、エンブレム
    • ハドソン用など、新たなスキンバンドル(数ヵ月に渡ってさまざまなアイテムがリリースされる)

『CoD:BOCW』ゾンビの新コンテンツ

Abomination__01_1920x1080
  • 実装時期:シーズン3からの各シーズン

『CoD:V』のゾンビモードを一新していく傍らで、『BOCW』のゾンビモードの方にも新要素が加わります。新規マップのリリースは無いものの、「シーズン3」からはOutbreak(アウトブレイク)とOnslaught(オンスロート)モードにアップデートが入り、ゾンビモードが好きで、メインクエストをやり尽くしたというプレイヤーに向けた「新たな秘密」が追加されていくそうです。

Outbreakでは、先月リリースされたOutbreak Collapse(アウトブレイクコラプス)モードに、さらなるチャレンジとしてAbomination Elite(アボミネーション・エリート)を追加するほか、この敵への対処にはもう苦労しないというプレイヤーのために、さらにHVT Abominationの変異種を新たに解き放つそうです。

Onslaughtでは、全プラットフォームに向けて期間限定モードをリリース予定です。Onslaught Mystery Munitions(オンスロート・ミステリー・ミューニション)では、プレイヤーはランダムな武器を持ってスポーンし、ゾンビウェーブをクリアする度にさらにランダムな武器を獲得していきます。他にも、Onslaught Accelerated(オンスロート・アクセラレーテッド)、Onslaught Diminishing Light(オンスロート・ディミニシングライト)、Onslaught Elite(オンスロート・エリート)という期間限定モードが開催予定で、それぞれのモードにユニーク武器設計図チャレンジが用意されています。

ランクプレイへのアップデート

S3RankedBlueprints
  • 実装時期:シーズン3

プロeスポーツ「CDL」のルールで本格的な競技CoDが楽しめる「ランクプレイ」にも、シーズン3ではアップデートが実施されます。

まずランクプレイから「ベータ版」の表記が外され、各シーズンに新たな報酬が追加されます。シーズン3ではAutomatonとMP40用の武器設計図がアンロックできるほか、ユニバーサル武器スキンや限定チャームなどが用意されています。

ベータ表記が外れることを受け、シーズン2でランクプレイに参加していた全プレイヤーには、感謝の印にアニメーション付きエンブレムが配布されます。

SIE
¥5,391 (2022/04/22 22:21時点 | Amazon調べ)

Source: Treyarch

コメントする