日本FPS界が快挙!ZETA DIVISIONが『VALORANT(ヴァロラント)』国際大会”VCT 2022 STAGE 1 MASTERS”でベスト4以上確定

日本FPS界が快挙!ZETA DIVISIONが『VALORANT(ヴァロラント)』国際大会”VCT 2022 STAGE 1 MASTERS”でベスト4以上確定

ライアットゲームズのタクティカルFPS『VALORANT(ヴァロラント)』では現在、競技シーン「VCT 」の今季ステージ1をしめくくる国際大会「VCT 2022 STAGE 1 MASTERS」が開催中。日本を代表して出場中のZETA DIVISIONは、4月19日の試合に勝利し、日本のFPS史にその名を刻むベスト4以上の成績を確定させました。

日本チームZETA DIVISIONが世界ベスト4以上を確保

『VALORANT(ヴァロラント)』では現在、競技シーン「VCT(VALORANT Champions Tour)2022」におけるSティア国際大会「Stage 1 Masters」が開催中。アイスランド・レイキャビク現地でのオフライン開催であるこのトーナメントには、世界から強豪12チームが集結し、日本からもZETA DIVISIONが出場しています。

ZETA DIVISIONは現在プレイオフのロアブラケットからの逆転優勝を狙っているところで、4月17日にはヨーロッパ(オランダ)のTeam Liquidを下してベスト6以上の枠に入ると、4月19日には韓国チームDRXを2-1で破り、日本チーム初の世界ベスト4以上を確定させました

BO3で行われたこの試合は、両チームともに接戦からピックマップを取り合って1-1とする白熱の展開となりましたが、ディサイダー(第3マップ)のスプリットでは、これまでの拮抗模様が一転します。防衛から入ったZETA DIVISIONは10-2という大差で攻撃側に回ると、DRXに反撃のチャンスを与えずにそのまま13-4。3マップ全体2-1でこの試合を制しました。

大会の配信ログはVALORANT // JAPANのYouTubeチャンネルからご視聴いただけます。

次の試合は23日午前5時

日本時間では深夜から未明にかけての配信であったにも関わらず、50万人以上の視聴者がZETA DIVISIONの試合に熱中していました。

一方で今回のVCT Mastersは、まだクライマックスに向けて4試合を残しています。ZETA DIVISIONの次の試合はロアブラケット・セミファイナルで行われ、対戦相手は、APAC地域からのシードとして出場しているシンガポールチームPaper Rexとなります。

VCTcurrentbracket
4月19日時点でのブラケット

試合は日本時間4月23日午前5時ごろからスタート(※大会進行の都合上、開始時間が前後する可能性があります)。配信は、VALORANT // JAPANのTwitchチャンネルYouTubeチャンネルにて日本人キャスターの実況・解説つきで行われるほか、VALORANT北米公式Twitchチャンネルでも英語配信をご視聴いただけます。

eスポーツ競技シーンがまだまだ発展途上である日本のFPSですが、今回のVCT MastersではZETA DIVISIONが久しぶりの歴史的快挙を果たしました。その戦いぶりには、VALORANT以外のコミュニティの人々からも大きな声援が送られているだけでなく、前回のLiquid戦の結果はTBSテレビ「THE TIME」でも取り上げられていました。23日の試合では、さらにベスト3以上を確定させられるでしょうか。引き続き彼らの躍進に注目です。

  • タイトル:VALORANT(ヴァロラント)
  • 発売日:2020年6月2日
  • 対象機種:PC(Riot Games
Razer
¥6,415 (2022/04/25 09:33時点 | Amazon調べ)

Source: Twitter

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ティア1ゲームの世界大会、しかもcsgo系統のゲームでベスト4以上確定はマジで日本FPS界イチの快挙よ

コメントする