ヴァロラント:「VCT 2022 Stage 1 Masters」優勝はOpTic Gaming、日本代表のZETA DIVISIONは3位の快挙!

ヴァロラント:「VCT 2022 Stage 1 Masters」優勝はOpTic Gaming、日本代表のZETA DIVISIONは3位の快挙!

『VALORANT(ヴァロラント)』の公式eスポーツ大会「VCT 2022 Stage 1 Masters」にて、OpTic Gamingが優勝。賞金20万ドルとトロフィーを獲得しました。

VCT 2022 Stage 1 Masters

グランドファイナル:OpTic 3-0 LOUD

  1. アセント:13-9
  2. バインド:14-12
  3. ブリーズ:15-13

OpTicは最初のラウンドをパーフェクトで勝つと、その後も優位に戦い10-2で折り返します。攻守交代後はLOUDに2ラウンド差まで追いつかれますが、Marved選手の4キルでマップポイントを確保。その後も勝利しOpTicが先制します。

バインドではOpTicのVictor選手がスリフティで勝利し、経済的優位に立ちます。一時はLOUDにマップポイントを取られますが、ここで再びVictor選手がエースを取り延長戦に突入。その後2ラウンド連続で取り逆転勝利します。

OpTicはブリーズでも優位に戦い、8-4でハーフタイムを迎えます。終盤でLOUDが追いつき2度のオーバータイムを経ますが、OpTicがここを守りきります。北米のチームが1年ぶりに王者に返り咲きました。

順位

昨シーズンはグループステージ進出すらならなかった日本チームでしたが、本大会ではZETA DIVISIONが3位の大快挙を成し遂げました。その戦いぶりはニュース番組でも取り上げられるなど、eスポーツが再び注目されるきっかけにもなりました。

  1. OpTic Gaming:20万ドル
  2. LOUD:12万ドル
  3. ZETA DIVISION:8.5万ドル
  4. Paper Rex:6.5万ドル
  5. DRX:4万ドル
  6. G2 Esports:4万ドル
  7. Team Liquid:2.5万ドル
  8. The Guard:2.5万ドル
  • タイトル:VALORANT(ヴァロラント)
  • 発売日:2020年6月2日
  • 対象機種:PC(Riot Games
Razer
¥6,415 (2022/04/25 09:33時点 | Amazon調べ)

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    優勝争うだけあってOpticは流石の対応力だった
    ZETAも戦える実力は十分あったしちゃんと戦えてたけど、ラウンド間の対応力で差がつけられてたな

    なんにせよベスト3マジですごいわ

コメントする