Call of Duty League 2022 第3回メジャー:シアトル・サージが初優勝、Pred選手はAPAC出身で初のMVP(賞金約2,600万円)

Call of Duty League 2022 第3回メジャー:シアトル・サージが初優勝、Pred選手はAPAC出身で初のMVP(賞金約2,600万円)

『Call of Duty: Vanguard(コール オブ デューティ ヴァンガード)』のeスポーツリーグ「Call of Duty League 2022」の第3回メジャーにて、シアトル・サージが見事優勝! 王冠と賞金20万ドル(約2,600万円)を獲得しました。

CDL2022 第3回メジャー

グランドファイナル:サージ 5-3 フェイズ

  1. Bocage(ハードポイント):250-217
  2. Bocage(サーチアンドデストロイ):6-5
  3. Tuscan(コントロール):3-0
  4. Berlin(ハードポイント):212-250
  5. Desert Siege(サーチアンドデストロイ):3-6
  6. Berlin(コントロール):3-2
  7. Tuscan(サーチアンドデストロイ):4-6
  8. Tuscan(ハードポイント):250-196

前日の勝者側決勝でフェイズにリバーススイープを決めていたサージは、この日も勢いが止まりません。一気に3ゲームを連続で取り、優勝まであと2ゲームとします。

フェイズもここから巻き返し、2ゲームを連続で取ります。しかし第6ゲームのコントロールは、第5ラウンドまでもつれ込んだ末にサージが勝利。その後も流れを渡すことなく優勝を決めました。

Pred選手は大会全体で1.24 K/Dの戦績を残しMVPに選ばれました。彼はオーストラリア出身で、APAC出身の選手がメジャー大会で優勝するのは初。日本を含めたAPACの選手たちに希望をもたらしました。

順位と賞金

フェイズは3大会連続でグランドファイナルに進出するも、またしても優勝を逃しました。それ以上に心配なのがサブライナーズで、3大会連続で最下位タイに終わっています。地元ニューヨークで開催される次回のメジャーでは最下位脱出なるでしょうか。

  1. シアトル・サージ:20万ドル
  2. アトランタ・フェイズ:12万ドル
  3. トロント・ウルトラ:8万ドル
  4. ロサンゼルス・シーブス:4万ドル
  5. フロリダ・ミューティニアーズ:2万ドル
  6. オプティック・テキサス:2万ドル
  7. ミネソタ・ロッカー:1万ドル
  8. ロンドン・ロイヤルレイヴンズ:1万ドル
  9. パリ・レギオン
  10. ボストン・ブリーチ
  11. ニューヨーク・サブライナーズ
  12. ロサンゼルス・ゲリラズ
  • タイトル:Call of Duty: Vanguard(コール オブ デューティ ヴァンガード)
  • 発売日:2021年11月5日
  • 対象機種:PS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series X | S
SIE
¥5,391 (2022/04/22 22:21時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイント追加!/
Yahoo

コメントする