[噂] モバイル向け『Destiny』シリーズ制作中? すでに2年以上開発か

[噂] モバイル向け『Destiny』シリーズ制作中? すでに2年以上開発か

Bungieが開発するルーターシューターの『Destiny(デスティニー)』シリーズですあが、噂によるとBungieは中国のNetEaseと提携し、モバイル向けの『Destiny』シリーズに取り組んでいるとされています。

モバイル版『Destiny』開発中?

この噂を最初に報じたThe Game Postは、Bungieと協力して開発中の“未発表のFPSモバイルゲーム”が、NetEase GamesアーティストのLinkedInプロフィールにリストされていたとしています。またNetEaseの開発計画に精通しているという情報源によると、同スタジオは2年以上にわたって『Destiny』の新作に取り組んでいるとのことで、TGPも過去に関連する求人が掲載されていたことを報じていました

なおこのゲームは『Destiny 2』のモバイル版ではなく、新規タイトルであるとしています。

Destiny 2: ケイド6の最期の勇姿を描いたトレーラー「ガンスリンガーの最期」が公開、9月2日午前2時から「ギャンビット」が1日だけ先行プレイ可能に
『Destiny 2』の前日譚であればケイド6もいる?

NetEaseは2018年にBungieへ1億ドルを投資し、少数株主となっています。当時Bungieはこの取引が「新しい方向性の探求」と「新しい世界の構築」に役立つと話していました。

また、Bungieといえば、1月にもSONYによる36億ドルの買収発表があり、このとき吉田憲一郎CEOはBungieの買収について「マルチプラットフォーム化への大きな一歩」と述べていました。一連の報道を加味すると、『Destiny』のモバイル版開発は自然な流れと言えるでしょう。

相反するハクスラと課金

ただ1つ気になるのが、同じくNetEaseが開発に参加したモバイル向けタイトル『ディアブロ イモータル』に関する議論です。

モバイルでもハックアンドスラッシュが楽しめるとの触れ込みで6月にリリースされ、リリースから2週間で2400万ドル(約32億円)という好セールスを記録したものの、Metacriticでのユーザースコアは0.4と大きく炎上しており、買い切りタイプのハクスラを愛好してきたプレイヤーたちからの信用は得られていないことがうかがえます。

『ディアブロ イモータル』では武器や防具のほかに、「レジェンダリー宝石」というアイテムでキャラクターを強化できます。しかしこれが言わば課金ガチャ要素となっており、最大まで強化するには50万ドルか10年以上が必要という非情な確率設定となっています。また、事実上経験値や防具も1日の獲得上限が設定されており、「ハクスラとしての楽しみはほとんどない」という指摘も見られます。

モバイル版『Destiny』でも同様の議論が起きることが予想されます。噂が本当だとして、このゲームの課金要素がどうなるのかにも注目が集まりそうです。

\楽天スーパーセール開催中!/
Rakuten

Source: VCG

コメントする