SteelSeries:応答・作動速度が10倍以上でフルサイズ比60%のコンパクトキーボード「Apex Pro Mini」 8月5日より発売

SteelSeries:応答・作動速度が10倍以上でフルサイズ比60%のコンパクトキーボード「Apex Pro Mini」  8月5日より発売

SteelSeriesはゲーミングキーボードApexシリーズから、 従来比60%サイズの小型キーボード「Apex Pro Mini」「Apex Pro Mini Wireless」を発表しました。

「Apex Pro Mini」はフルサイズ比で60%のコンパクトデザインを実現。最新の独自スイッチ「OmniPoint 2.0」を搭載しており、最短0.2mm~3.8mmまで0.1mm単位での調整ができます。標準的なメカニカルスイッチに比べて11倍の応答速度、10倍の作動速度、2倍の耐久性を備えています。

マウスを大きく動かすスタイルのゲーマー、特にゲーム専用のプレミアムなキーボードが欲しい方向けの製品となっています。以下プレスリリースより抜粋。

60%サイズキーボード「Apex Pro Mini」

世界最速のスイッチを備えた地球上で最もカスタマイズ可能なキーボードである「Apex Pro Mini」「Apex Pro Mini Wireless」は、 ゲームやその他のすべてのユースケースで、 あらゆる種類のユーザーキーボードをより細かく制御できるようにすることを目指しました。 本製品では、 フルサイズ比で60%のコンパクトデザインを実現しているほか、 0.1mm単位でアクチュエーションポイントを調整可能なオリジナルのOmniPoint 2.0スイッチを導入しています。 これは、 ユーザーがディープスローやフェザーライトタッチの間で調整できる最初のメカニカルスイッチの作成以来、 ゲーミングキーボードの革新における最大の飛躍です。

  • 更に進化した独自スイッチ「OmniPoint 2.0」
    •  0.2mm~3.8mmの間において0.1mm単位でアクチュエーションポイントの調整が可能な新開発のメカニカルスイッチ「OmniPoint 2.0」を搭載。 標準的なメカニカルスイッチと比べて最大11倍速いレスポンスタイム(0.54ms)と最大10倍速い作動速度を実現しています。 また、 1億回のキープレスに耐える高耐久性を備えます。
  • 2-in-1アクションキー(デュアルアクションキープレス)
    • OmniPoint 2.0の搭載により、 ユーザーは同一のキーの異なるアクチュエーションポイントにそれぞれ別個のアクションをプログラムする「デュアルアクションキープレス」にも対応。 これにより、 1つのキーでウォーキングやランなどのコンボを実行したり、 手榴弾を引き出して投げたりすることができます。
  • コンパクトな60%サイズ
    • 本製品はフルサイズ比で60%のコンパクトデザインを実現しており、 マウスの振り幅が必要な昨今のゲームに最適で、 ハの字置き、 逆ハの字置き、 縦置きなど、 狭いデスクスペースでも望み通りの設置が可能です。 また、 コンパクトサイズのため、 自宅や外出先を問わず、 高性能キーボードを気軽に持ち運ぶことができます。
  • 1億回のキーストロークに耐える高耐久仕様
    • 2色成形のPBTキャップをキーキャップに装着することにより、 OmniPoint 2.0スイッチの1億回のキーストロークに耐える高耐久仕様を実現します。

Apex Pro Mini Wireless(無線モデル)

  • 発売日:9月2日
  • 価格:43,090円
  • 「Quantum 2.0 Wireless」を採用
    • ワイヤレスモデルの「Apex Pro Mini Wireless」では、 Quantum 2.0 Wirelessを採用しており、 独自の低遅延2.4GHz通信「2.4Ghz GamingGradeWireless」と、 Bluetooth 5.0接続を切り替えて利用することができます。SteelSeriesヘッドセット、 マウスでも採用している Quantum 2.0 Wirelessを搭載し、 ゲームに使用可能な超高速2.4Ghzワイヤレス接続に加え、 普段使いに最適な低電力Bluetooth5.0にも対応します。 ご使用時の目的に合わせて、 双方のワイヤレス接続を簡単に切り替えてご使用いただけます。

Apex Pro Mini(有線モデル)

  • 発売日:8月5日
  • 価格:32,420円

Gaming Device Power Tune for FPS

ソニー(SONY)
¥10,830 (2022/09/28 22:44時点 | Amazon調べ)

Source: Pressrelease

コメントする