『ヴァロラント』アップデート5.09:アビリティの挙動、相互作用の不具合を修正 / 新規武器スキン「ソウルストライフ」近日販売開始

『ヴァロラント』アップデート5.09:アビリティの挙動、相互作用の不具合を修正 / 新規武器スキン「ソウルストライフ」近日販売開始

Riot Games(ライアットゲームズ)は、無料タクティカルFPS『VALORANT(ヴァロラント)』にて実施された「アップデート 5.09」のパッチノートを公開しました。今回のアップデートでは、エージェントに対する直接的なバランス調整は行われていませんが、不具合修正という形で挙動が変更されたアビリティが複数あります。

パッチノート 5.09:不具合修正

エージェント

  •  ハーバーの“カスケード”が、目をそらしている間に消えてしまうことがある不具合を修正(パッチ5.08中に修正済み)
  •  ハーバーの“コーヴ”によるバリアに入る際、視界が悪くなる範囲が意図した距離ではなかった不具合を修正(パッチ5.08中に修正済み)
  •  ハーバーの“ハイタイド”を特定の場所で使用した際、大きな隙間ができていた不具合を修正
  •  ハーバーの“レコニング”の間欠泉が、プレイヤー自身が立っているエリアには出現しない不具合を修正
  •  今年は定期的にスカイの“シーカー”を改良し、より確実かつ効率的に標的に届くよう調整を行ってきました
    •  スカイの“シーカー”が標的を視認した後、障害物を避けて進む際の挙動に軽微な変更を加えました。
    •  実体のない状態になっている標的にシーカーが当たっても、デバフ効果が付与されないようになりました。これには“ディスミス”中のレイナや“ディメンショナルドリフト”中のヨルが含まれます。
  •  ヨルが“ディメンショナルドリフト”を使用中、拘束されてもステルスおよび実体のない状態になれる不具合を修正。今後は拘束によりスキルの使用が中断されるように
  •  抑制状態でも、フェイドが“ホウント”や“シーズ”を発動し、オーブを落下させることができていた不具合を修正
  •  レイナが“エンプレス”を発動中、抑制状態でもキル後に自動的に回復する不具合を修正
  •  セージが“バリアオーブ”を使って角にこもった際、瞬時にバリアが壊れることがある不具合を修正

近日登場:新規スキン「ソウルストライフ」

VALORANTの公式Twitterアカウントより、新規武器スキン「ソウルストライフ」が発表されています。添付されている画像からは、近接武器/ゴースト/スペクター/ガーディアン/ファントムを確認することができ、これらが本スキンの対応武器となるようです。

販売の開始時期については「間もなく」と記載されていますが、現在販売中の武器スキン「イオン」の販売が2022年11月3日午前5時59分で終了となるため、それと入れ替わる形での販売開始が予想されます。

  • タイトル:VALORANT(ヴァロラント)
  • 発売日:2020年6月2日
  • 対象機種:PC(Riot Games
ソニー(SONY)
¥8,536 (2022/12/08 04:15時点 | Amazon調べ)
\楽天スーパーセール開催中!/
Rakuten

Source: VALORANT

コメントする