レインボーシックス シージ:”Rainbow Six Japan Invitational 2022 FINAL” DAY1結果、フランスチームBDSが世界レベルの強さ見せる

レインボーシックス シージ:”Rainbow Six Japan Invitational 2022 FINAL” DAY1結果、フランスチームBDSが世界レベルの強さ見せる

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』では、東京・ベルサール高田馬場にてオフライントーナメント「Rainbow Six Japan Invitational 2022(以下、RJI 2022)」を開催。EAA!!も現地に突撃し、シージファンの祭りとなったDAY1の模様を取材しました。

RJI 2022が開幕

Rainbow Six Japan Invitational 2022 FINAL Day 1
RJIオープニング
「RJI 2022」はベルサール高田馬場にてオフライン開催

「RJI 2022」は2022年の日本国内競技シーンのクライマックスとなる、有観客オフライントーナメント。11月5日と6日にかけて、東京・ベルサール高田馬場にてオフライン開催されています。

日本からは、国内リーグ「RJL 2022」に出場した10チームのうち、先日の国内予選トーナメントを勝ち上がったSCARZCrest Gaming Lstが参戦。海外からはフランスチームTeam BDSと韓国のDWG KIAを招待し、4チームによるダブルイリミネーショントーナメントが行われることとなりました。

交流スペース
会場内には各チームの交流スペースも。多くのシージファンが集まっていた

会場では、公式グッズの物販コーナーのほか、各チームの選手との交流スペースも設営されていました。普段は配信でしか見られないプロ選手たちと、リアルで間近に会話をしたり写真撮影ができるこの機会に、シージファンがそこかしこで列を作っていました。

他にも、2022年内リリース予定の新作『レインボーシックス モバイル』(虹モバ)の試遊ブースも会場内に登場。こちらでも多くの方が、期待のモバイル版シージを実際にその手で体験していました。

虹モバ
「虹モバ」を一足先に体験!

DWGが日本王者を粉砕

DWGKIA (2)
高田馬場にDWGが登場

「RJI 2022」の記念すべきMATCH1は、SCARZ vs DWG KIA。今年のRJLを圧倒的な強さで優勝し、今年の日本シージ界の話題を独占したスターチームと、世界大会シックスメジャーへの出場経験もある韓国の強豪が、BO3で公式戦初対戦の時を迎えました。

第1マップはSCARZピックの「山荘」で、SCARZは防衛スタート。いつも通りのプレイングをしようとするSCARZでしたが、DWGは正確なガンスキルで相手を排除しながら効率よく防衛陣を崩すスタイルで、たちまち攻撃を1-5と、大量リードで折り返します。

DWGは防衛の最初のラウンドでもパーフェクト。SCARZも直後にパーフェクトラウンドと、後半は激しい戦いになるかと思われましたが、やはり前半のスコア差が響いたのか、最終スコア3-7でDWGが早々に勝利を得ました。

第2マップの「オレゴン」ではSCARZの防衛スタート。今度は好調に防衛を成功させ、3-1でDWGにタイムアウトを取らせることに成功します。

しかしここからは、DWGの持ち前の修正力の高さが炸裂します。すぐに3-3で追いついて攻防交代すると、その後もラウンドを連取。SCARZからはWqsyo1選手がクラッチを決めて対抗しますが、その後もリードを取られ続け、最後はDWGが地下防衛を手堅く守って4-7。2マップを連取したことにより、DWGがSCARZに対し堂々勝利を決めました。

DWG KIA
DWG KIAのロースター

試合後はDWGの皆さんにインタビューをさせていただきました。

今年の日本チャンピオンであるSCARZと対戦した手ごたえについて尋ねると、PJH選手は「大事なのは、相手に関係なく自分たちがやるべきことをやること」と述べていました。1-5と大きくリードしていた「山荘」での戦いでも同様に、RIN選手も「敵がやりたいことをやらせないようにする」プレイを意識していたそうです。

「オレゴン」では、途中までは拮抗しながらDWGが徐々に優位を確保していった点について、その秘訣をうかがいました。IGLのyass選手によると、「負けたラウンドではどうして負けたかを素早く分析して伝えるのですが、同時にそれを他の選手たちが素早く理解してくれて、次のプレイにそれを出していけたおかげです」とのことで、やはりDWGはチーム全体が、高い戦術理解とその修正能力を持っていることがうかがえました。 

BDSが世界レベルを見せつける

BDSEsports
Team BDSが初来日

MATCH2は、予選でBO5の激闘を制して勝ち上がってきたCrest Gaming Lst(CGL)と、初来日のBDSの対戦が繰り広げられました。

注目の第1マップは「クラブハウス」。BDSがとりわけ強いとされるピックマップからのスタートとなりましたが、序盤の展開はそんなデータとは無関係な展開に。防衛から入ったCGLは、まず第1ラウンドの地下守りを成功させると、さらにArcully選手が遊撃で活躍して一気に3ラウンドを連取。世界のチームを相手に素晴らしいリードを作ります。

しかし、ここからはBDSが徐々に対応を開始します。3ラウンドを連取して巻き返し、6ラウンド目はShaiiko選手のエースも決まり、3-3で追いつき攻防交代。防衛に回ってからのBDSはさらに巧みに立ち回り、先にマッチポイントを獲得。最後はShaiiko選手が再びのエースを決めて、4-7でBDSが「クラブハウス」を制しました。

第2マップはCGLの選んだ「カフェ」。しかし攻撃からスタートしたBDSは、ドローンでの情報収集や、対面での撃ち合いの強さで優位性を保ちつつ、怒涛の6ラウンド連取ですぐさま防衛へと回ります。

CGLも自分たちのピックマップこそとばかりに粘りましたが、攻撃で取られたラウンド差も響き、「カフェ」での戦いは2-7と、BDSの圧倒で幕引きとなりました。

前評判ではやはり経験や実績の面でBDSに優位性があるとは見られていたものの、実際に試合が行われると、その完成度や、リードを取られても冷静さを保つチームとしての強靱さには目を見張るものがありました。日本を代表する選手たちに世界レベルを見せつけた、衝撃的な試合でした。

BDS ESPORT
Team BDSのロースター

試合後はBDSの皆さんにインタビューをさせていただきました。フランスから来日したばかりで本日の試合にうまく入れたかとうかがうと、Shaiiko選手は「時差ぼけはありましたが、それ以外は普段通りにプレイできました」と話してくれました。

最初クラブハウスで3ラウンド取られたことについて、Elemzje選手は「日本チームの強さに驚いた」と率直に述べ、「チームで話し合い、どんなところに問題があるのかを見つけて力を出していった」そうです。

普段はヨーロッパリーグで戦っているBDSですが、日本チームと戦ってどのような違いを感じたかと尋ねると、Renshiro選手は「違いは特に感じませんでした(笑)」と話していました。やはり戦い方よりも、ゲームスピードや細部のクオリティに差があるのかもしれません。

この後はDWGとの対決ですが、準備についてうかがったところ、Shaiiko選手が言うには、「世界大会が控えているので、用意しているものを見せないためにも特に対策などはしていないのですが、少し相手の試合を見たりはしています」とのことでした。

DWGとBDSの対決が日本で実現

DAY1の最後の試合は、それぞれ1戦目を勝ち抜いたDWGとBDSによるMATCH3となりました。

第1マップはDWGピックの「高層ビル」。DWGはWoogiman選手のMontagne(モンターニュ)を使った戦術が機能し、1ラウンド目はパーフェクトで獲得。2ラウンド目も連取します。

BDSもすぐさま対応し、DWGの意図を巧みに妨害しながら2-4で攻防交代。DWGも持ち前の修正力を示し、4-5とリードすることに成功します。

しかしBDSがタイムアウトを行使した後は、展開が一変。BDSはラウンドを連続取得してマッチポイントを獲得すると、最小のガジェット消費で最大の効果を出していく巧さを披露しながら、4-7でDWGの「高層ビル」を制覇しました。

BDS Shaiiko
BDSのShaiiko選手。本日は1試合で2度のエースを取り、1v1エキシビションでも活躍

第2マップはBDSのピックした「クラブハウス」。BDSにとって無敗のこのマップでは防衛から入ったDWGでしたが、BDSはやはりガジェットを効果的に使って進行し続け、2-4でリードして防衛側に回ります。相手のYing(イン)を使った押し込みには、Renshiro選手が巧みに立ち回ってカウンターを食らわすなど、選手個々人の連携力の高さも見せつつ、あっという間に2-6の大差でマッチポイントを獲得します。

タイムアウトを取ったDWGは、相手の地下防衛2回も含めて3ラウンドを連取。BDSにタイムアウトを取らせたことで、オーバータイム突入を予感させました。しかしBDSはどうにか次のラウンドで最後の1ポイントを獲得。5-7で勝利し、アッパーブラケットの勝者としてDAY2への進出を決めました。

DWGもアジアを代表するチームの1つとして大きな爪痕を残しましたが、結果的に勝利を得たのはBDSでした。世界レベルの対決が日本で見られる貴重な機会となった今回のRJIですが、オフラインの会場にやってきた日本のシージファンに、BDSがその力を見せつけた一日となりました。

戦いはDAY2へ

コスプレオペレーター
コスプレオペレーターたちも会場に集合!

RJI 2022は11月6日のDAY2(最終日)に続きます。

DAY2ではまず、日本チーム対決SCARZ vs CGLのMATCH4からスタート。その後は、Wokkaさんや渋谷ハルさんら、豪華ゲストメンバーが集まってのエキシビションマッチ「Wokka再臨。~そして、最強へ~」も開催されます。

エキシビションの後は、MATCH4勝利チームがDWGとBO3で対戦。グランドファイナルの前には、テーマソングを手掛けるTRiDENTのライブなど、DAY1以上に見所が盛りだくさんの内容となっています。

果たして出場4チームのうち、RJIのオフラインを制するのはどのチームになるのでしょうか。白熱のDAY2をお見逃し無く。

  • タイトル:Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)
  • 発売日:2015年12月10日
  • 対象機種:PS5, PS4, Xbox Series X|S, Xbox One, PC(Steam
Logicool G
¥24,900 (2023/01/26 13:48時点 | Amazon調べ)

コメントする