CoD:MWll:シリーズ最大最速売上記録「10日で10億ドル」達成

CoD:MWll:シリーズ最大最速売上記録「10日で10億ドル」達成

ActivisionおよびInfinity WardのCoDシリーズ最新作『Call of Duty: Modern Warfare ll (コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア 2/ MWll)』は、世界全体での売上が発売後10日で10億ドルを上回ったと発表しました。

CoD:MWll の売上、10日で10億ドルの快挙

Activisionのリリースによると、10月28日に発売されたばかりの新作『CoD:MWll』は、発売後10日間で10億ドルの売上を達成しました

これまでの「10億ドル」到達の最速記録は、2012年に『CoD:BO2』が出した「15日で10億ドル」でしたが、今回はこの記録を5日分塗り替えたことになります。先日の「初動3日で8億ドル」の一報に続く好調ぶりです。

この10日間で世界中の人々にプレイされた累計時間は、2億時間以上。これは以前の記録を40%上回るもので、全プラットフォームで10億回のマッチングが行われたそうです。

CoDシリーズは来年で20周年の節目を迎えることになりますが、2022年になってなおセールス記録を更新できたことは注目に値します。長きに渡ってさまざまな変化を加えながら、それでいてCoDとしての核は保ってきたActivisionおよび傘下スタジオの試みが実を結んだと言えるでしょう。

11月16日には「シーズン01」と『ウォーゾーン2.0』も登場

Warzone2
『ウォーゾーン2.0』のキーアート

このように好調な『CoD:MWll』ですが、実際にはまだプレシーズン期間です。11月16日にはいよいよ最初の大型アップデートである「シーズン01」がリリースされ、バトルパスへのアクセスが可能になるとともに、新マップなどの新コンテンツが登場。安定性の改善や、武器バランスへの最初の調整も実施され、本格スタートを切る見込みです。

さらに2023年には、『CoD:MWll』や『ウォーゾーン2.0』と同じエンジンで開発されているモバイルタイトル『ウォーゾーン モバイル』のリリースが控えており、こちらは事前登録者が既に2,000万人を超えているそうです。

2022年末から2023年にかけて、「CoD2.0」はどこまで拡大していくのでしょうか。引き続きシリーズの今後の展開に注目していきましょう。

  • タイトル:Call of Duty: Modern Warfare ll(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア Ⅱ)
  • 発売日:2022年10月28日
  • 対象機種:PS5/PS4, Xbox X|S/Xbox One, PC(Battle.net / Steam
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥8,100 (2023/01/16 23:20時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

Source: Charlie Intel

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    久々に買ったけどめちゃくちゃ面白いな

コメントする