[速報] CoDシリーズが任天堂でもリリースへ、Microsoftが10年のコミットメント締結 / 全プラットフォーム同日リリース予定 / 旧作の移植も視野に

[速報] CoDシリーズが任天堂でもリリースへ、Microsoftが10年のコミットメント締結 / 全プラットフォーム同日リリース予定 / 旧作の移植も視野に

ActivisionおよびInfinity WardによるCoDシリーズ最新作『Call of Duty: Modern Warfare ll (コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア 2/ MWll)』では「シーズン01」が進行中。新世代「CoD2.0」は好調なスタートを切ったCoDシリーズですが、今後の新作は任天堂でもリリースされることが、MicrosoftのXbox事業を統括するフィル・スペンサー氏を通じて発表されました。

MicrosoftのActivision Blizzard買収は未だ決着着かず

2022年の初等に電撃発表された、MicrosoftによるActivision Blizzardとその傘下スタジオの買収は、計画通りに完了するのかが今なお不透明な状況です。

Microsoftがゲーム業界3位の規模になると見られているこの巨大な買収ですが、発表後から英国の規制当局CMAが調査を続けているほか、米国でも反トラスト法違反でFTC(連邦取引委員会)が訴訟を起こすという噂が流れています。現在は、Microsoftの幹部がFTC委員長リナ・カーン氏との会談を行う見通しです。

主な争点になっているのは、Activisonの世界的タイトルである「コール オブ デューティ」シリーズです。長年パートナー企業としてPlayStationでCoDシリーズを提供し続けてきたSONY側は、CoDシリーズがMicrosoftの手に渡ることによって、ゲーム業界の健全な発展が阻害される懸念を訴えています。

CoDシリーズが任天堂のゲーム機でも遊べる?

そんな中、12月7日にはMicrosoftのXbox事業を統括するフィル・スペンサー氏が任天堂の名前を挙げ、CoDコミュニティのみならず世界のゲーム界全体に衝撃を与えています。

新作だけでなく旧作も移植?

スペンサー氏は、ワシントンポストとのインタビューを通じても同様の発表をしています(Charlie Intelより抜粋)。

CoDシリーズが任天堂のゲーム機でもプレイできるようになるのは、次の新作からなのか、それともさらにその先の作品からなのかは現時点では定かではありません。また、任天堂の現行ハードはNintendo Switchであるため、「Switch版が出る」というのが前提ですが、もしかしたら将来の新ハードウェアになるのかもしれません。

一方では、シリーズ作品全体を見て、どれを任天堂のゲーム機に移植するかも検討しているとのこと。つまり最新作だけでなく、旧作も並行して移植されていく可能性があります。Activisionとの合併が完了した暁には、最新作は全プラットフォームでの同日リリースを展望しているそうです。

果たして買収は完了するのか

『CoD:MWll』の発売から新時代「CoD2.0」へと突入した同シリーズですが、これからはPC(Battle.netおよびSteam)、PlayStation、Xbox、そしてNintendo Switch(あるいは今後の新たな任天堂ハード)でもプレイできるようになります。プレイヤーにとっても開発側にとっても、まさしく新時代に相応しい変化と言えるでしょう。

米国のFTCから訴訟されるという噂が流れたことで、買収の成功が一気に危ぶまれたMicrosoftでしたが、ここで「任天堂にもCoDを提供する」という予想外の展開になりました。

プレイできるプラットフォームをさらに増やしたことで、「合併がゲーム業界の健全な競争を阻害する」という主張を退けたい試みが見て取れますが、FTCが動く可能性が浮上したことで、2023年6月までの完了を予定しているMicrosoftのActivision買収も、いよいよ大詰めを迎えた感があります。ゲーム業界における2022年最大のニュースの1つと言っても過言ではない今回の買収は、どのような結末を迎えるのでしょうか。

  • タイトル:Call of Duty: Modern Warfare ll(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア Ⅱ)
  • 発売日:2022年10月28日
  • 対象機種:PS5/PS4, Xbox X|S/Xbox One, PC(Battle.net / Steam
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥8,100 (2023/01/16 23:20時点 | Amazon調べ)
\お買い物マラソン開催中!/
Rakuten

Source: Twitter

コメント

  • Comments ( 34 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    クラウド版でマルチは無理だろ…ましてやFPSだぞ…

    • By 匿名

      任天堂の次世代機は普通に動かせる性能あるってことだろ。
      最新のMW2だって、グラ下げればインテル内蔵のノーパソでもそれなりに動くんだ。
      グラ下げて移植すれば全然普通に動くだろう。

      マイクロソフトは当然任天堂の次世代機の性能を知ってて発言してると思う。
      彼らはマインクラフトのデベロッパーでもあるので、任天堂の次世代機の開発キットを入手できる立場にある。

  2. By 匿名

    規制当局の存在ガン無視してソニーガーソニーガー言ってる連中ばっかやんw
    結局規制当局以外のとこでガヤガヤ言ってても何も進まないよ?w

  3. By 匿名

    どっちも素晴らしいゲーム会社なんだよ
    ゲーム嫌いなら二度とこうゆうの見るな
    それとそうゆう奴はここにはいらん

  4. By 匿名

    自社製品オワコンばっかだから買収しまくるのはどうかと思うわ
    Skypeとかも死なせてかつDiscord買収しようとするし
    アクティビジョン買収する前にHALOなんとかしろよwと思うわ

コメントする