CoD:BO6 正式発表

『オーバーウォッチ2』シーズン4:ライフウィーバーの危険なアビリティを追加した理由、新PvP+PvEモード「スターウォッチ」、サポートヒーロー追加速度など

  • URLをコピーしました!

本日2023年4月8日、Blizzard Entertainmentは『Overwatch 2(オーバーウォッチ 2 )』 のニュースページを更新。当該記事では、オーバーウォッチ2のゲームディレクターAaron Keller氏より、4月12日の開幕が迫るシーズン4で実装、実施される新ヒーローや新規イベントについて説明されています。

CONTENTS

OW2 シーズン4に備えて:ディレクターの視点

『オーバーウォッチ2』シーズン4:ライフウィーバーの危険なアビリティを追加した理由、新PvP+PvEモード「スターウォッチ」、サポートヒーロー追加速度など image 8
 

以下は、まもなく開始となる『オーバーウォッチ2』シーズン4の、既報情報の掘り下げ情報となっています。

「ライフウィーバー」で危険性を孕んだアビリティを追加した理由

シーズン4で登場する新要素の目玉といえば、新規サポートヒーロー「ライフウィーバー」です。

ライフウィーバーは斬新なアビリティをいくつも所持していますが、その中でも特徴的なアビリティとして“ペタル・プラットフォーム”“ライフグリップ”が挙げられます。“ペタル・プラットフォーム”は、初代『オーバーウォッチ』のリリース前から検討されていたアイディアであり、それが実現する形での実装となります。

“ライフグリップ”はライフウィーバーが持つアビリティの中で最も斬新な能力であり、味方をつかんで安全に自分の場所まで引っ張るができ、戦いに大きな影響を与えます。このアビリティを見て多くの方がまず疑問に思うのは、「チームメイトの妨害に使えるのでは?」という事。コミュニティでもまっさきに話題となりました。

オーバーウォッチ2:新ヒーロー「ライフウィーバー」はトロールし放題? 味方の強制移動で落下デスさせる映像が話題も、バグとして修正済みの模様

Blizzard Entertainmentは、「たしかにそういった使い方もできますが、チームメイトを救うことや、さらなるビッグプレイを仕掛けるために使うこともできる」と説明。オーバーウォッチの戦闘では、味方を信頼し、ゆだねること、チームワークが非常に重要であるとしています。

また、他のアビリティでも、使い方を間違えればチームを不利にすることはあるとして、その例として不適切なタイミングでのマーシーの“リザレクト”使用が挙げられています。こういった、ある種の危険性をはらんだアビリティの実装について、開発は以下のように説明しています。

私たちは常に「オーバーウォッチ」を進化させ、プレイヤーに新しいゲームとの関わり方を提供する機会を探しています。新しいヒーローを作るときは、そのヒーローの力強さを表現し、今まではできなかったチームワークを実現するようなアビリティを追求したいのです。時には衝突が生じることもありますが、それだけの価値があると私たちは考えています。

OW2 新ゲームモード「スターウォッチ」

「スターウォッチ:銀河の救出ミッション」
 

『OW2』シーズン4で新しいゲーム・モードとしてリリースされる「スターウォッチ」は、『オーバーウォッチ』のスピンオフ世界を描くという点で「ジャンケンシュタイン」の流れを汲む作品となります。

「スターウォッチ」では、プレイヤーはウォッチャー側か無限帝国のエージェント側を選択してプレイ。注目ポイントの一つとしてPvPマッチにPvE要素が導入されている点が挙げられます。無限帝国側はタレットを設置しており、ドゥームフィスト率いるウォッチャーたちがそれに挑みます。

チームではこのような形式のゲーム・モードについて検討が重ねられており、今後もさらなる実験を検討中。実際、過去にもそのような試みは行われており、「アーカイブ」任務は、『OW2』で新たなストーリー任務を作るためのデザイン、テクノロジーのたたき台としての側面も持ち合わせていました。

「スターウォッチ」についても、「より大きく、野心的な未来への第一歩」として考えてほしいとしています。

サポートヒーローのリリース計画は?

『オーバーウォッチ2』シーズン4:ライフウィーバーの危険なアビリティを追加した理由、新PvP+PvEモード「スターウォッチ」、サポートヒーロー追加速度など b74c3a1835e3e9d38ae3e3e0ab5cd3ef
 

ライフウィーバーは、『OW2』になってから5人目の新ヒーローであり、シーズン6で実装予定のヒーローもサポートロールに所属しています。

ライフウィーバー実装前のサポートヒーローは8人で、タンクロールより3人少なく、ダメージロールと比べるとさらに少ない人数でした。Blizzard Entertainmentはこの選択肢の差は大きすぎると考えており、今後の新規ヒーローリリースによって是正予定とのこと。

他の2つのロールについても長期間放置しておくというわけではなく、ダメージとタンクヒーロー1人に対してサポート2人のペースでリリースを計画中。

オーバーウォッチと「プライド月間」

「プライドイベント」
 

今年は「オーバーウォッチ」でプライド月間が開催されます。プライド月間とは、LGBTQ+の権利啓発を目的とした活動やイベントが世界中の当事者団体、企業によって実施される6月を指した言葉であり、レインボーをシンボルとしています。

オーバーウォッチにはジェンダーマイノリティーキャラクターが複数登場しており、そういったキャラクターを扱ううえで適切な段取りを踏まず、正当な理由なしに包括性を掲げても批判を招くだけであるため、ジェンダーマイノリティーについて開発は重要なテーマとして考えているとのこと。

加えて、開発チームは「オーバーウォッチ」が明るく、希望や創造性に満ちた未来を描くゲームだと考えており、この世界は多様性あふれる場所としています。「オーバーウォッチ」に多様性を反映させるだけでなく、多くのプレイヤーにとって分身のような存在をゲームの中で見つけてほしいと説明しています。

「オーバーウォッチ 2」初のプライド月間をどのように祝うか、ゲーム全体のビジョンを実現するために日々このチームを動かしている価値観についての詳細は6月までに公開予定

  • タイトル:Overwatch 2(オーバーウォッチ2 )
  • 発売日:2022年10月5日
  • 対象機種:PC / Xbox Series X|S, Xbox One / PS5, PS4 / Nintendo Switch
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥64,580 (2024/03/06 11:08時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

Source: Overwatch 2

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CONTENTS