海賊FPSが無料配信中

『エーペックスレジェンズ』シーズン20"ブレイクアウト"新コンテンツ:5周年記念マップ改装 / ミックステープ新マップ"サンダードーム" / ランクはRP方式に再改変 / レプリケーター仕様変更など

『エーペックスレジェンズ』シーズン20"ブレイクアウト"新コンテンツ:5周年マップ改装 / ミックステープ新マップ"サンダードーム" / ランクはRP方式に再改変 / レプリケーター仕様変更など
  • URLをコピーしました!

Respawn Entertainment(リスポーンエンターテインメント)は『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』の次回シーズンアップデート「ブレイクアウト」の全情報を公開。

記念すべきリリース5周年を迎えるエーペックスでは、新マップ「サンダードーム」やランクマッチの再改変など、大量の新コンテンツとシステム調整が一挙にリリースされる。

CONTENTS

『エーペックスレジェンズ』シーズン20の新コンテンツ

『エーペックスレジェンズ』シーズン20"ブレイクアウト"新コンテンツ:5周年マップ改装 / ミックステープ新マップ"サンダードーム" / ランクはRP方式に再改変 / レプリケーター仕様変更など
ワールズエッジのミュージアムでも5周年記念展示

リリース5周年を迎えるエーペックスでは、レジェンドアップグレードシステムの導入、それに伴うアーマー仕様の大きな変更によってゲームプレイが一新される。

プレイエリアにも変化が見られる。各マップのさまざまなエリアが5周年記念の飾り付けを施され、ワールズエッジの「エーペックスミュージアム」でも、『タイタンフォール』時代を含めたアウトランズの歴史を振り返る、さまざまな展示品が楽しめる。

さらにシーズン20ではロビーにも仕掛けが。新しくエーペックスの世界に入ってきたプレイヤーのために、エーペックスのこれまでの出来事を学べるミュージアムのような演出が、シーズン全体にわたって見られる。

ミックステープ新マップ「サンダードーム」

『エーペックスレジェンズ』シーズン20"ブレイクアウト"新コンテンツ:5周年マップ改装 / ミックステープ新マップ"サンダードーム" / ランクはRP方式に再改変 / レプリケーター仕様変更など
サンダードームがミックステープ用マップとして新登場

ミックステープには新マップ「サンダードーム」が登場。ガンゲーム、チームデスマッチ、コントロールそれぞれのモードでプレイできる。夜空を背景に、アリーナ全体が観客席に囲まれたデザイン。

開発は元Raven Softwareスタッフ(Activisionの『コールオブデューティー』スタジオの1つ)が手がけたとのこと。ミックステープならではの、スピーディなファイトが楽しめる。

レプリケーターの仕様変更

『エーペックスレジェンズ』シーズン20"ブレイクアウト"新コンテンツ:5周年マップ改装 / ミックステープ新マップ"サンダードーム" / ランクはRP方式に再改変 / レプリケーター仕様変更など
レプリケーターがすっきり

マップ内でアクセスできるレプリケーターが完全リワーク。以下のような機能・仕様になる。

  • クラフトに素材を消費しなくなる(素材システムは削除)
  • 1台につきアイテム1種しか作成できない
  • アクセス可能なアイテムが限定される
    • アモ2スタック
    • シールドバッテリー
    • 医療キット
    • リスポーンバナー
  • クラフト時間が大幅短縮(2秒程度)

武器、ホップアップなどその他のものを作成する機能は完全になくなり、誰にとっても分かりやすい装置にはなった。必要なアイテムを手早く調達するのに活用しよう。

ランクマッチの仕様変更

『エーペックスレジェンズ』シーズン20"ブレイクアウト"新コンテンツ:5周年マップ改装 / ミックステープ新マップ"サンダードーム" / ランクはRP方式に再改変 / レプリケーター仕様変更など
「新シーズン序盤は荒れる」と開発者も念押し。覚悟して挑もう(もしくは様子見しよう)

シーズン18からLP(ラダーポイント)方式になり、順位も重要になったランクマッチ。コミュニティでの議論も経つつ、シーズン20ではさらなる変更が実施される。

紹介された要点は以下のとおり。基準となるポイントの名前が「RP(ランクポイント)」に戻るが、ポイント配分はシーズン19からの調整版で、引き続き順位も重要。さらに、非公開レートとも言われる「MMR」がマッチメイクに参照されなくなる。さらなる詳細はパッチノートにて。

  • RP方式復活
    • 基準が「RP」に戻る
    • マッチメイキングにMMRを使わなくなり、RPを基準にマッチング。これまで以上に自分に近いランクのプレイヤーたちとロビーに集まるようになる
    • シーズン20はハードリセット。全員1RPからスタート
  • RPの獲得
    • リザルト画面が整理され、RPやボーナスの内訳が理解しやすくなる
    • キルだけでなく順位も重視されるのはシーズン19までのLPシステムと同様。自分よりランクが低いプレイヤーを倒しても獲得RPが減ることはなく、キル以外でも、対戦中の行動が獲得RPに影響する。格上プレイヤーに勝利すればボーナス
  • ルール・システム全般
    • 参加条件レベルを20に引き下げ(これまでは50)。ランクプレイヤー増を見込む
    • スプリット制の再導入
    • 振り分けマッチ廃止
    • 昇格トライアル廃止(リワークして復活予定)
    • 新機能:プレイヤーのランク表示を、オン/オフ切り替え可能に

「新シーズン序盤は荒れるだろう」と開発スタッフ(プログレッションデザインリードChris “C4” Cleroux氏)も認めている。ゲームシステムが大きく変更されることも合わせると、今季はカオスな戦いを覚悟しよう。

参考:シーズン20の順位ポイント(RP)

(カッコ内はシーズン19のLP)

  • 1位:125(150)
  • 2位:95(100)
  • 3位:70(85)
  • 4位:55(70)
  • 5位:45(55)
  • 6位:30(40)
  • 7位:20(25)
  • 8位:20(10)
  • 9位:10(0)
  • 10位:10(0)
  • 11、12、13位:5(-30)
  • 14位以下:0(-50)

武器への調整

ケアパッケージ武器

『エーペックスレジェンズ』シーズン20"ブレイクアウト"新コンテンツ:5周年記念マップ改装 / ミックステープ新マップ"サンダードーム" / ランクはRP方式に再改変 / レプリケーター仕様変更など vlcsnap 2024 02 04 14h21m51s126
EVA-8がケアパケ武器に
  • 追加:EVA-8
    • 高い連射速度を誇る
    • ハンマーポイント弾装着
  • 除:プラウラー(通常武器へ戻る)

武器バランスはパッチノートにて

武器については、テストビルドでは1倍デジタルスレットをSMGに装着できなかったのを確認。SMGが全体的に弱体化されるとのことだが、多くは語られなかった。

気になる詳細は、後日公開のシーズンパッチノートにて。

新機能:次世代機120FPS対応など

  • ゲーム内マウスカーソルを固定する設定:デュアルモニターでプレイしている場合、アイテム選択で画面外にカーソルが飛んでいかなくなる
  • 120FPS:次世代コンシューマー機(PlayStation 5、Xbox Series X | S)でついに120FPSに対応

『エーペックスレジェンズ』シーズン20関連記事

Logicool G
¥32,500 (2024/03/03 07:12時点 | Amazon調べ)
\Amazonポイント最大10%UP/
Amazon
\ポイント最大45.5倍!/
Rakuten

Source: Pressrelease

『エーペックスレジェンズ』シーズン20"ブレイクアウト"新コンテンツ:5周年マップ改装 / ミックステープ新マップ"サンダードーム" / ランクはRP方式に再改変 / レプリケーター仕様変更など

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

COMMENT

コメント一覧 (5件)

  • いやすまん、「むしろ〜…」のコメ書いたAHOなんだけど、マジで知らなかったんや
    つか120出る本体用にPS5版!っつって出してたら120fps出ると思うやん
    FPSのフレームレートなんて超重要なんだし
    元々メインでやってたR6Sは120fps出る!みたいな噂聞いてたのもあるんよ、こっちもホントか知らんけど…
    まぁ120出るようにアプデしただけマシなのか?

  • むしろまだ120対応してなかったのか
    PS5前にPC移行したから知らなかったけど次世代機なんだし当たり前の如く120対応してると思ってたわ

  • 結局ランクマで追加した要素全部駄目だったの認めてユーザーの意見素直に聞いてるの草

コメントする

CONTENTS