最強ヘッドセット? A50 X発表

『Call of Duty(コールオブデューティー)』などのチート業者やチーターを狙うマルウェアが流行中、暗号資産を奪われたチーターも

『Call of Duty(コールオブデューティー)』などのチート業者やチーターを狙うマルウェアが流行中、暗号資産を奪われたチーターも
  • URLをコピーしました!

悪意あるソフトウェア「マルウェア」の情報を発信するVx Undergroundが、ここ数日でビデオゲームのチートツールを販売するチート業者や、チートサービス利用者を標的としたマルウェアを確認したことを報告した。

通常のマルウェアはあらゆる人の銀行口座情報などを狙うが、このマルウェアは一味違う。『Call of Duty』などのゲームでチート行為を支援するチートプロバイダー(チート作成や販売)やチーター(チートを利用するゲーマー)を標的とした、チーター特化のマルウェアだ。

CONTENTS

ゲームのチーター特化マルウェア

『Call of Duty』のチート販売元PhantomOverlay(Zeebler社)は、ユーザーアカウントが不正な購入を始めたことで不正行為を発見。被害者と思われる人物に連絡を取ったところ被害が確認され、その被害者数は膨らんでいるという。

巨大な影響範囲、現時点で400万アカウント以上か

現時点では、次のような膨大な数のアカウントが侵害されたと推定されている。

  • Battle.net アカウント:3,662,627
  • Activision アカウント:561,183
  • Elite PVPers アカウント:117,366
  • UnknownCheats アカウント:572,831
  • PhantomOverlay アカウント:1,365

アカウント情報を見ると『コールオブデューティー』だけでなく、『オーバーウォッチ』や『エーペックスレジェンズ』『バトルフィールド』も危険にさらされているようだ。Battle.netの方が桁違いに規模が大きいのは見逃せない。

ハックするマルウェア側はチート利用者をターゲットにして、ユーザー名とパスワードを盗んでいるが、暗号資産ウォレットElectrumのビットコインが流出したとの情報も報告され始めている。被害額に関してはまだ情報がないが、チートツールやサードパーティ製ツールの脆弱性と危険性を浮き彫りにした事件と言える。

『Call of Duty(コールオブデューティー)』などのチート業者やチーターを狙うマルウェアが流行中、暗号資産を奪われたチーターも image 1 2
敵の位置を把握できるウォールハックチートの例

Activisionの声明

これを受けて、この流出リストに含まれるActivision Blizzardが声明を発表

業界全体で一部のプレーヤーの資格情報が、不正なソフトウェアのダウンロードや使用によるマルウェアによって侵害された可能性があるという情報があります。Activision Blizzardのサーバーは安全であり、侵害されていません。私たちの優先事項は常にプレーヤーアカウントのセキュリティです。 疑わしいリンクを見つけり、自分のアカウントが保護されていることを確認したい場合、パスワードの変更や2 要素認証の追加など、推奨されている最善の対策を行ってください

Activision Blizzardの主張はおそらく正しいだろう。マルウェアへの感染経路や増殖方法は現時点では不明だが、根本はチートツールだと予想される。

なお、Activision Blizzardは、上記のPhantomOverlayといったチート業者と提携している。一見宿敵と手を組んだように見えるが、これは影響を受けたアカウントの特定や保護、そして被害の規模と内容を把握するユーザー保護のためだ。

義賊に見えるが犯罪

チーターに苦しめられた側からすれば、今回の事件はむしろ賞賛したくなってしまう。ざまあみろとしか思えないゲーマーも多いだろうし、筆者もそう思う。しかしこれは立派な犯罪行為で、資産の窃盗ともなれば人生を壊す可能性があることも忘れてはならない。

我々一般ゲーマーは、チートツールはもちろん、よくわからないソフトウェアや怪しいサービスは使用せず、パスワードは破られるものだと認識し、2段階認証やパスキーへの移行を進めよう。

あわせて読みたい
[保存版] チーターからアカウントを今すぐ守ろう!ゲーム大手7社の「2段階認証」設定方法 今すぐ2段階認証を設定しよう。 昨今はどのタイトルでもチーター、ハッカーが後を絶ちません。各ゲーム会社も定期的に数千人、数万人とチーターのアカウントをBAN(参考...

Gaming Device Power Tune for FPS

\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

Source: X

『Call of Duty(コールオブデューティー)』などのチート業者やチーターを狙うマルウェアが流行中、暗号資産を奪われたチーターも

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (19件)

  • 「義賊に見えるが犯罪」とあるが、義賊も犯罪者では...?

  • ざまあ見ろとったうが法律上は犯罪なのと一般ユーザーへの被害に繋がる可能性がある点が実に残念だ

    ほんと普段からチーターどものPC爆発してくれねーかなとか思ってたけど、資産が失くなるのが一番のダメージだわな
    ズルした報いでホームレスになってくれりゃいいのにな

  • チーターは自業自得
    ただこんな連中って普段から企業や一般の人も狙ってるだろうから応援するのはまた違うと思うぞ

  • BO2時代にチーター部屋に入れられて自分も強制的にチーターにされてしまい、一瞬で武器のロックが全て解除されたがキルレデータもめちゃくちゃにバグらされた、そうゆう人もチーターとして狙われるかな?

  • マクロコンバーターjpも大量にいるしマジで民度はOW以下のゴミだよなCoD、マルチは一応有料ゲーなのに

1 2

コメントする

CONTENTS