CoD:BO6 正式発表

Bungie、チート販売業者との裁判で画期的な勝利

  • URLをコピーしました!

無料FPSゲーム『Destiny 2(デスティニー 2)』の開発元Bungieが、チート販売業者AimJunkiesとの裁判で勝訴した。この判決は、陪審員がゲームスタジオを支持するという前例のないもので、今後のチート対策に大きな影響を与える可能性がある。

CONTENTS

チート業者撲滅へ大きな勝利

日本時間6月5日から10年に渡って描いてきた「光と暗黒の戦い」の最終章となる拡張コンテンツ『Destiny 2:最終形態』をリリースするBungieが、「現実世界でも暗黒との戦いを制した」とゲームジャーナリストのStephen Totilo氏が報じている。

チート販売業者AimJunkiesを運営するDavid Schaefer、Jeffrey Conway、Jordan Green、James Mayらは、Bungieに損害を与えたとして$63,210(約1千万円)の賠償金支払いを裁判所から命じられた。 この金額はAimJunkiesがチートを販売することで売り上げた総額と目されている。

$63,210というのはBungieで働く従業員たちの平均年収を下回る金額で、裁判や弁護士費用、そしてチート対策にかかったコストと比較すればわずかな金額だ。 しかしこの判決は、今後ゲーム運営側とチート販売業者を訴える際の協力な武器となる。

アメリカでの裁判も「前例」が非常に重要な要素となる。陪審員がゲームスタジオを支援したという判例は、今後ゲーム運営側がチート販売業者との裁判で勝利しやすくなることから、以前よりもチート販売業者を訴えやすくなる可能性が高まった

Bungieの弁護士James Barker氏は、「裁判に持ち込んででもプレイヤーをチートから守り続ける」と断言。一方、AimJunkiesは判決を不服として争う姿勢を見せており、その執拗な抵抗は、2021年にBungieがチート販売業者を一斉に訴えた時から続いている。

チート販売業者がまさかの反訴

元々この裁判はBungieがチート販売業者を訴えたことが始まりだが、ここでAimJunkiesがまさかの行動にでる。

発端は2021年、Bungieが一斉にチート販売業者を訴えた活動でAimJunkiesも告訴対象として裁判の場に引きずり出された。 その際にAimJunkies側は、「AimJunkiesのコンピューターに不正アクセスして得た証拠を使っている」として反訴したのだ。 AimJunkiesの弁護士は「Bungieという巨人がAimJunkiesという小人を弾圧しているように見えることが不愉快だ」と述べている。

チート販売業者がBungie、そしてBungieの親会社となったSONYを訴え返すというまさかの衝撃的なオープニングから始まった裁判だったが、裁判が行われたシアトル在住の7人の陪審員たちが全員Bungieを支援することでAimJunkiesの訴えは無事に棄却された。

今回の判決は、ゲーム業界におけるチート対策の新たな一歩となるだろう。Bungieの勝利は、チート行為に対する断固とした姿勢を示すものであり、他のゲーム会社にも同様のアクションを促す可能性がある。

Logicool G
¥32,500 (2024/06/17 03:54時点 | Amazon調べ)

Source: @stephentotilo

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (9件)

  • AimJunkies確かpc版バトオペ2のチートも作ってたよな
    でもデスティニー2は正直チーターまみれでいいと思う さっさと壊滅させるんだ

  • 言うてぶんぎえの今の主力のD2でチーター見ないけどな。
    運営の装備の見た目のセンスの無さの方が訴えられちまえとは思うが。

  • 裁判なんてチート業者にはあってもないようなもんやろ

  • 画期的な勝利って言葉使わんよな?若者言葉??造語

  • 訴え返した理由が最近よく見る「弱者を名乗って強者を叩く」そのものなんだよな
    何処も弱者じゃないし、ただの悪よ

  • 素晴らしい勝利。
    まぁ、いたちごっこな可能性があるが蔓延る業者に釘を刺す良い機会になったのではないだろうか。
    私はそうであってほしい。

コメントする

CONTENTS