ウォーフレーム:大規模パッチ「アップデート 13 – Dark Sector」配信、新WFや近接攻撃2.0など

ウォーフレーム:大規模パッチ「アップデート 13 – Dark Sector」配信、新WFや近接攻撃2.0など

PlayStation 4/PC向けの無料忍者アクションTPS『Warframe(ウォーフレーム)』へ、大規模アップデート「アップデート 13 ― Dark Sector」が配信、新WARFRAMEや近接攻撃で連続攻撃が可能になる“MELEE 2.0”をなど含む多くの新要素が導入されました。以下公式サイトより。

アップデート 13 ― Dark Sector

Melee 2.0 で実装された新しい近接武器の攻撃スタイルを試したり、Dark Sector で太陽系の秩序のために戦ったり、新 WARFRAME「Hydroid」の水アビリティを使ったりが可能に。

この大規模アップデートについて、開発チームのビデオをご覧ください。

[PS4] Warframe Update 13.0 | Highlights

このアップデートには多くの追加点や変更点がありすべては紹介し切れないが、ハイライトをご紹介。

新WARFRAME

深海のそこから舞い上がってきた HYDROID は、水の力を使った破壊的アビリティを誇る。

HYDROID のアビリティ

  • Tempest Barrage ― 水の弾丸を怒涛のように降らせる
  • Undertow ― 水溜りになり侵入してきた敵を引きずり込む
  • Tidal Surge ― 獰猛な水の壁を敵にたたきつける
  • Tentacle Swarm ― 深淵からおぞまじきモノを召喚し敵を破壊する
Warframe Profile – Hydroid

MELEE 2.0

こんなに近接武器がパワフルだったことがあるでしょうか! 近接武器に MOD を装着し、コンボ連鎖を加え、ステート MOD とスタンス MOD を装着すれば、近接のシステムがガラッと変わったことが分かるでしょう。

DARK SECTOR

クランで Solar Rail を建設すると、星系マップ上で失われた拠点への経路を開拓することができる。Solar Rail を利用するプレイヤーから対価を受け取ることができるが、他のクランが Dark Sector を乗っ取ることが起こり得るため、注意してください。

新武器

  • ATTICA ― 連射式クロスボウの Attica は、高威力のボルトを高速で発射する。
  • NAMI SKYLA ― 大波や荒波の如く、Nami カットラスと Skyla ダガーを使いこなす者は二つの武器を一つの流れるような攻撃に変える。
  • NIKANA ― 失われたテンノの刃を用い、かつての手法でつくられた刀。

新プライム武器

Lex Prime がエリート武器であるプライム武器に加わった。

近接武器アクセ

近接武器用アクセサリーの「スガトラ」4種は、これをまとう者の腕前とスキルを反映する。

新武器スキン

「ショック迷彩スキン」の太い線の模様は、ロボットと生物の両方の視覚を惑わすことができる。

新しい敵

Vay Hek のプロセキューターとガードマンが新たなる脅威として登場! 特定の属性に弱点があるこれらの敵を倒し、Vay Hek に挑むのです!

新センチネルスキン

新しい Para スキンを Carrier に装備できる! 新WARFRAME「Hydroid」のお供に完ぺき。

タイルセットの拡張

惑星ケレスで拡張したグリニアの造船所のタイルセットを探検してみてください。

Dojo の部屋

Dojo の部屋が10種類増加!


なお、このアップデート13に含まれるバグを修正するHoifix 13.0.1も配信済みで、近接武器のダメージ調整やクラッシュが修正されているとのこと。