CoD:AW:日本語吹き替え版の発売日が12月4日に決定、ストーリートレイラー公開

CoD:AW:日本語吹き替え版の発売日が12月4日に決定、ストーリートレイラー公開

スクウェア・エニックスは、 日本語吹き替え版『Call of Duty: Advanced Warfare(コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア)』の発売日を2014年12月4日に決定、吹き替え版のストーリートレイラーを公開しました。以下スクウェア・エニックスより。

コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア 日本語吹き替え版発売日決定!

コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア[吹き替え版]の発売日が2014年12月4日(木)に決定致しました。※XboxOne日本語吹き替え版の発売日は未定です。

また、今回の発表に合わせて、日本語吹き替え版のストーリートレイラ―を公開いたしました。

コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア[日本語吹き替え版]ストーリートレイラー

日本語吹き替え版では、主人公のミッチェル役に高橋広樹さん、海外ではケヴィン・スペイシー氏が演じるアトラス・コーポレーションの社長ジョナサン・アイアンズ役に大塚芳忠さん、その他ご出演いただいた主な声優の方々は以下の通りです。

浅川悠、岡林史泰、小西克幸、白熊寛嗣、鈴村健一、関俊彦、中村秀利、間宮康弘
(50音順・敬称略)

『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア』 について

『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア』では、科学技術と戦術の進歩により、新しい戦争の形が作られた近未来―、現在の延長線上に存在し得るような未来の世界を舞台に、Sledgehammer Gamesのシナリオチームが手掛ける魅力的なストーリーと、次世代機に合わせて開発された圧倒的なグラフィックが、これまでにない革新的なゲーム体験をプレイヤーに提供します。

現代テクノロジーの膨大な調査に基づいて描かれる世界は2054年。社会基盤と軍隊への全世界的攻撃が行われた後、人類を守るため「アトラス・コーポレーション」と呼ばれるPMC(=プライベート・ミリタリー・カンパニー: 民間軍事会社)が大きな力を持つようになっています。

プレイヤーは高度に訓練された特殊部隊の一員となり、最新鋭の武装や外骨格、戦闘車両、ガジェットなどを駆使して、国際的な治安の回復を目指し、任務を遂行していきます。

初回生産特典について

初回生産分にはマルチプレイヤーで使用可能な、本作のテーマカラーの外骨格と、リロード不要のエナジーウェポン「EM1 QUANTUM」などを含んだ「Advanced Arsenal 」が付属します。日本ではさらに限定色の「AK-12G ASSAULT RIFLE」と「CROSSBOW-B2」も初回生産特典として付属いたします。

Amazon.co.jp