2014年11月の北米で最も売れたのは『CoD:AW』とXbox One

2014年11月の北米で最も売れたのは『CoD:AW』とXbox One

NPD Groupがリリースした販売統計ランキングによると、2014年11月に北米で最も売れたタイトルは『Call of Duty: Advanced Warfare(コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア)』であることが分かりました。

また同年同月、北米と英国でMicrosoftのXbox Oneがコンソールのトップセラーを獲得しています。

ゲームタイトルベストセラー(2014.11)

括弧内のコンソール名は販売数順で、北米におけるXboxの勢いが盛り返した事を確認できる。

  1. Call of Duty: Advanced Warfare (360, XBO, PS4, PS3, PC)
  2. Grand Theft Auto V (PS4, XBO, 360, PS3)
  3. Super Smash Bros. (NWU, 3DS)
  4. Madden NFL 15 (360, XBO, PS4, PS3)
  5. Pokemon Alpha Sapphire (3DS)
  6. Far Cry 4 (PS4, XBO, 360, PS3, PC)
  7. Pokemon Omega Ruby (3DS)
  8. NBA 2K15 (PS4, 360, XBO, PS3, PC)
  9. Assassin’s Creed: Unity (PS4, XBO, PC)
  10. Halo: The Master Chief Collection (XBO)

大幅な値下げを敢行し多数のバンドル版をリリースしたXbox Oneは、米国と英国で2014年11月に最も売れたコンソールとなり、遂にPlayStation 4の10ヶ月連続のトップセールスを阻止したことが判明。Microsoftはトップの座を奪えたことを報告し、ファンの情熱とコミュニティの貢献に感謝するとコメントしています。

ハードウェア、ソフトウェア、およびアクセサリーなどの全体的なゲーム関連の売上高は前年比で減少傾向ながら、PS4とXbox Oneの売上数と販売スピードはPS3とXbox 360以上の模様。

『CoD:AW』はデジタル版のローンチにおいて歴代トップの売上高の座に輝やき、『CoD』フランチャイズはトータルの売上額が一兆円を超えたことでも話題となりました。

Source: IGN