Prey:オープンワールドならぬ“オープン宇宙ステーション”、贅を尽くした巨大宇宙ステーション「タロス I」

Prey:オープンワールドならぬ“オープン宇宙ステーション”、贅を尽くした巨大宇宙ステーション「タロス I」

ベセスダ・ソフトワークスは、西暦2032年の宇宙ステーション「タロスI(ワン)」を舞台とした最新FPS・SFアクション『Prey(プレイ)』の最新映像「Prey – Talos Iガイド」を公開。

新映像では、開発者がオープンワールドならぬ「オープン宇宙ステーション」と呼称する巨大宇宙ステーション“タロス Ⅰ”のレベルデザインとその設計思想などが確認できます。エイリアンに支配されてしまった理由は? 宇宙ステーションの存在理由は? その謎はゲームを進めるにつれ明らかとなっていきます。

Prey – Talos Iガイド

『Prey』は全世界で100以上のGOTYを受賞した『Dishonored®』シリーズを手掛けたArkane StudiosによるファーストパーソンSFアクション。

舞台は2032年、暗い宇宙に浮かぶ宇宙ステーション「タロスI(ワン)」。主人公モーガン・ユウは人類の在り方を変えてしまう可能性のある実験に参加していた。しかし、タロスIは突如謎の地球外生命体に襲われ、獲物として狙われる身となってしまう。タロスIと自分の過去に関する秘密を解き明かしながら、様々な武器や特殊能力、そして“ひらめき”を駆使し、地球外生命体「ティフォン」の脅威を排除せねばならない。タロスIと生き残った全乗員の命運は、あなたの手にかかっている。

  • タイトル名:『Prey®(プレイ)』
  • 発売日  :2017年5月18日(木)
  • 対応ハード:PlayStation®4/Xbox One/PC(Windows/ダウンロードのみ)
  • 価格   :¥7,980(税抜)
  • 対応言語 :日本語音声・日本語字幕/英語音声・英語字幕
  • 対象年齢 :18歳以上(CERO Z)
  • 公式サイト :https://prey.bethesda.net/ja
コメント2
CATEGORY :
TAG :
  • K san

    宇宙ステーションの広さってどれくらいなんだろ?
    ちょっと狭いくらいのイメージがあるんだけど

  • ベセスダのメカデザインって本当にかっこいい