PUBG:同時接続数が310万人を突破、『Dota 2』や『CS:GO』を大きく引き離す

PUBG:同時接続数が310万人を突破、『Dota 2』や『CS:GO』を大きく引き離す

ついに正式版がリリースされた『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG / プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)』ですが、開発を手がけるPUBG Corp.は、Steamでの同時接続者数がとうとう300万人の大台を突破したことをTwitterで報告しました。


1日の最大接続数は310万人を超えており、2番目に多い『Dota 2』の70万人や3番目の『CS:GO』58万人を大きく引き離す結果となっています。

『PUBG』の総プレイヤー数は3000万人を超えており、ゲーム史に名を残す世界的IPへと成長しています。

関連記事PUBG: PC版とXbox One版の総プレイヤー数が3,000万人突破、世界を代表するIPへ

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS – Final Week of Early Access

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』は好評発売中で、対象機種はPC、Xbox One。

  • 4588426927825

    やっぱ敷居が低いってのは大事なんだな

    • duck

      PC、しかも高スペック必須な時点で敷居が低いってのはないかと…
      まあそれだけの条件を乗り越えても遊んでみたい人がいるほどPUBGは魅力的なゲーム

      • 4588426927825

        ゲーム性はすごい敷居低いと思うよ誰でも一位をとれるチャンスあるし
        ルールも単純ですぐに理解できるしね

      • _ 草

        ハイスペって言ってもメモリさえ増設すれば10万もかからんPCでも動くしなぁ
        逆にPCはじめから持ってる人間からしたらハード新たに買うより敷居低いよ

        • duck

          どの層をターゲットに置くかによって論点がずれるんだけどな
          まあ俺はスマホゲー含むすべてのゲーマーから見れば敷居が高いほうかなと思ったんだ
          もちろん俺達みたいに大した抵抗もなくPCにお金つぎ込んでプレイしたがる層もある程度はいると思うけどみんながみんなそうじゃない