プロゲーマー向けの公式Xbox Oneコントローラー発表、お値段18,500円

プロゲーマー向けの公式Xbox Oneコントローラー発表、お値段18,500円

現在開催中のE3にて、マイクロソフトがXbox OneとWindows 10に対応する、プロゲーマー向けの公式Xbox Oneコントローラー「Xbox Elite Controller(Xboxエリートコントローラー)」を発表しました。

その機能も驚きですが、お値段も驚きとなっています。

Xbox Elite Wireless Controller

背面にパドルスイッチを4つ追加

xboxoneelite02
Xbox Oneコントローラーの形を基本に、背面に4つの「パドル」という愛称で呼ばれるボタンを配置。本体をグリップすると薬指や中指で押すことができる場所に配置されているので、純粋にアクセス出来るボタンが4つ増える形となっています。

また、パドルスイッチは取り外しが可能となっており、使わない時は外しておくことも可能です。

モザイクのようなDパッド

xboxoneelite
デフォルトのDパッドはモザイクのような特徴的なデザイン。これは格闘ゲーム向けとされており、コマンドの入力が行いやすい設計となっているとのこと。後述ですがこのDパッドは交換することが可能で、交換用の十字キーも付属してきます。

物理的な感度を調節するヘアトリガーロック

hairtrigger
背面にの緑色のスイッチはヘアトリガーロックと呼ばれており、物理的な感度を調整することが出来るスイッチ。その名の通り、スイッチを開放することで、トリガーを物理的に鋭敏に反応するように変更が可能です。

取り替え可能なパーツ

xboxoneelite03
先述の交換用の十字キーに加え、軸の長さとヘッドの形状が異なる左右のアナログスティックパーツが3セット付属。劣化しやすい指が触れる部分や可動する部分にはステンレスを採用、グリップする部分には滑り止めの加工を施してあるゴム素材が採用されており、なかなかの高級指向となっています。

アプリで閾値や感度の設定が可能、さらにクラウド対応

app
パドルスイッチを含めたボタンのマッピングや感度、閾値の設定などをアプリ側で変更することが可能となっており、プロファイルはクラウドに保存可。2つのプロファイルをスライド型のスイッチで切り替えることもできます。

そしてお値段は約18500円

case
マイクロソフトの技術の粋を集めてエリートゲーマー達に向けて開発された「Xbox Elite Controller」ですが、上記の機能とパーツが全て付属され、さらに高級感ただようケースもついてきて、お値段なんと150ドル(約18500円)。

通常のワイヤレスコントローラーなら3本は買えそうなエリートなお値段となっています。これだけの機能なら納得?!