PlayStation 4へ「システムソフトウェアバージョン3.50」本日配信、PC/Macでリモートプレイが可能に

PlayStation 4へ「システムソフトウェアバージョン3.50」本日配信、PC/Macでリモートプレイが可能に

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIE)は、先月告知されていたPlayStation 4の最新アップデート「システムソフトウェアバージョン3.50 “MUSASHI(ムサシ)”」を4月6日に配信すると発表、改めてその魅力をPS.Blogで紹介しています。

リモートプレイとは?

20160405-ps4-02

「リモートプレイ」はPlayStation 4のゲームを遠隔操作できる機能で、今回の“ムサシ”でPCとMacが利用できるようになりました。PS4がプレイできるOSとデバイスは以下のとおり。

  • Windows 8.1、Windows 10以降
  • Mac OS X 10.10、Mac OS X 10.11
  • PlayStation Vita
  • PlayStation Vita TV
  • Xperia

リモートプレイをするには、まず同じローカルエリアネットワーク(LAN)内にPS4とPCを接続し、PCにインストールしたPCリモートプレイアプリを使って、リモート接続用のソフトウェアとPS4の機器登録を行うだけ。

画面解像度は360p、540p、720pから選択可能で、フレームレートは30と60から選択できます。PS.Blogで『アンチャーテッド コレクション』を720p/30フレームでプレイしてみたところ、映像にはラグは感じられなかったとしています。

20160405-ps4-03

家族がテレビを見ているときにPCモニターでゲームをプレイしたり、リビングにあるPS4を書斎のPCから操作するなど、さまざまな使い方ができるリモートプレイ。旅行先や出張先から自宅のPS4で遊ぶこともできます。

そのほか「フレンドのオンライン通知/オフライン表示」など、PlayStation 4がさらに便利になる「システムソフトウェア バージョン3.50」の詳細は以下をご覧ください。

コメント26
CATEGORY :
TAG :