BF1:『バトルフィールド 1』の兵科、武器、ビークル、ゲーム性などの情報まとめ

BF1:『バトルフィールド 1』の兵科、武器、ビークル、ゲーム性などの情報まとめ

第一次世界大戦を舞台とするバトルフィールドシリーズ最新作、『Battlefield 1(バトルフィールド 1)』のこれまでに確認されたゲーム内容のまとめてす。

兵科

  • アサルト、メディック、サポート、スカウトの4クラスが登場
  • クラスはそれぞれ性能が特化しており、チームワークが重要
  • アサルトは対戦車兵でもあり、対戦車ライフルや爆発物(特殊手榴弾)などを確認
  • メディックは従来のように倒れた味方を手当することが可能
  • サポートはライトマシンガンを装備、高い火力を誇る。おそらく従来通りチームメイトへの弾薬の補給も可能
  • スカウトはスナイパーライフルを駆使して前線の後ろから敵を狙撃

武器関係

  • ライフル、サブマシン、ショットガン、スナイパーライフル、ボルトアクションライフル、ピストル、火炎放射器などが登場
  • 近接武器にショベルやトレンチクラブ(塹壕用棍棒)、剣が登場
  • 今作ではサイド武器による近接攻撃が重要。ブレード、銃剣や特殊な刺突武器などが登場し、敵を迅速に強襲できる手段も登場
  • 武器のカスタマイズが可能
  • 毒ガス攻撃が登場し、対策としてガスマスクも登場
  • 砲撃が重要で、恐らく兵士が砲撃を要請可能

Bf1-Battlefield1 バトルフィールド1

ビークル

  • 装甲車、軽戦車、重戦車、偵察機、戦闘機、爆撃機、小型の飛行船、ボート、戦艦、馬などの多彩なビークルが登場
  • パイロットとガンナーの2人でプレイできるビークルも
  • 戦闘において馬は重要で、銃弾が飛び交う中での騎兵隊の突撃も可能

Bf1-Battlefield1 バトルフィールド1

全般

  • マルチプレイヤーは全てのプラットフォームで最大64人が1つのサーバー上で対戦
  • シングルプレイキャンペーン搭載。複数のキャラクターが多数のロケーションで戦争を追体験してゆく
  • BFシリーズを象徴する陸海空の大規模な戦闘が可能
  • 多彩で様々なシチュエーションを想定したミッションが登場。ビークルの使用に関するものが多く登場
  • 兵士の装備などは第一次世界大戦当時の技術をベースにしているが、歴史的な正確さよりもゲームプレイを優先するため、歩兵がマシンガンを装備したりビークルの移動能力が高いといった調整が加えられる
  • 現在判明しているマップはフランスのアルゴンヌ、イタリアのアルプス、アラビアの砂漠、フランスの都市
  • シリーズのどの作品も超えた破壊表現で、あらゆるオブジェクトが破壊可能。建物もそれぞれのパーツがダイナミックに破壊される
  • スクワッド機能が健在

Bf1-Battlefield1 バトルフィールド1

今後のスケジュール

  • 6月12日にロサンゼルスとロンドンで開催されるEA Playイベントで最初のゲームプレイ映像を公開
  • 今年後半にベータテストをPS4、Xbox One、PCで実施
Battlefield 1 Official Reveal Trailer

『Battlefield 1(バトルフィールド 1)』の発売日は2016年10月21日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。EA AccessOrigin Accessのメンバーのユーザーは10月18日に先行アクセスが可能です。

Source: GameStar