オーバーウォッチ:国内初週売上は5.4万本、予想以上の売上で品切れも(PS4)

オーバーウォッチ:国内初週売上は5.4万本、予想以上の売上で品切れも(PS4)

国内大手メディアファミ通が今週の販売本数ランキング TOP30を発表、PS4版『Overwatch(オーバーウォッチ)』は5.4万本を販売し、3機種で展開された人気タイトルの続編『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』に次ぐ4位にランクインしたことが明らかになりました。集計期間は2016年5月23日~から29日。

ファミ通.com   最新販売本数ランキング TOP30

トップ3を占めた『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』はPS4版が18.9万本、Vita版が12.4万本、PS3版が6.9万本の合計38.2万本。『オーバーウォッチ』はそれには及ばない5.4万本ながらも、ファミ通によるとこれは予想以上の滑り出しで、品薄となった店舗も多かったようだとしてます。

なお5月10日発売の『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』は累計15万3352本、5月19日発売のPS4版『Homefront: The Revolution(ホームフロント:レボリューション)』は累計15万784本、5月19日発売のPS4版『DOOM』は累計8,636本となっています。

集計には近年増加傾向にあるダウンロード版は含まれておらず、知名度のない新規IPとしてはなかなかの滑り出しと言えるかもしれません。

Source: ファミ通.com