最強ヘッドセット? A50 X発表

ロシアの銃器製造会社、向かい合っての実弾射撃など狂気の生配信デモンストレーション

【恐ロシア】ロシアの銃制作会社、向かい合って射撃など狂気の生配信デモンストレーション
  • URLをコピーしました!

ロシアの銃器製造会社、カラシニコフ・コンツェルンが行った狂気のデモンストレーションを収めた動画が公開。実弾を使用しているのにもかかわらず、人に的を持たせたり、人質役を人間にやらせるなど、正気の沙汰とは思えない内容が話題となっています。まずは映像をご覧ください。

Мастер-класс сотрудников Концерна «Калашников»
https://www.youtube.com/watch?v=zsIIyYWSfqU

向かい合っての射撃、もうこの時点で正気の沙汰とは呼べませんが。さらにデモンストレーションは過激に。ことごとく人を配置する必要のない状況で、これでもかというほど銃口を人に向けています。

【恐ロシア】ロシアの銃制作会社、向かい合って射撃など狂気の生配信デモンストレーション
人質救助のシチュエーションでしょうか。もしやが起こらないかと観てる側もヒヤヒヤします。このような場合、ペイント弾などの模擬弾を使うと思うのですが、どうやら実弾を使っているようです。生配信中に当たっていたらどうするつもりだったのでしょうか。

【恐ロシア】ロシアの銃制作会社、向かい合って実弾射撃など狂気の生配信デモンストレーション

危なすぎる

人が的を持たなくてもいい状況でもあえてやる。慣れてしまったのか心が壊れたのか、的を持っている人の表情は平静そのもの。

このために軍人や傭兵を雇ったのではなく、彼らはカラシニコフ・コンツェルンの射撃クラブの所属で、ロシアでは彼らは“カラシニコフ・コンツェルンの弓矢”と呼ばれているとのこと。銃の性能より、彼らの練度とクソ度胸のほうが際立ってしまう内容と言えます。

動画を観てもみなさんは絶対にマネをしないでください。また模擬銃やエアガンであってもトリガーコンシャスなどの銃口管理はしっかりしましょう。

シューティングの基本 セフティ トリガーフィンガー 銃口管理をマック堺が紹介

[amazonjs asin="B00C3XDR20" locale="JP" title="TEPPACHI 鉄鉢 戦闘用ヘルメットコレクション 【TC-08.K6-3ヘルメット:ロシア連邦軍参謀本部情報総局特殊部隊など採用】(単品)"]

Source,Image: firearmblog.com

【恐ロシア】ロシアの銃制作会社、向かい合って射撃など狂気の生配信デモンストレーション

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

COMMENT

コメント一覧 (19件)

1 2

コメントする

CONTENTS