『PUBG』作者「パクリはジャンルそのものをダメにする」、コピー作品を痛烈批判

『PUBG』作者「パクリはジャンルそのものをダメにする」、コピー作品を痛烈批判

Xbox Oneゲームプレビュー版も発売から48時間で100万本を突破し、名実ともに今年最もホットなゲームとなっている『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG / プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)』ですが、その作者である「PLAYERUNKNOWN」ことBrendan Greene氏が、BBCとのインタビューにて昨今出てきているコピーキャット作品を痛烈に批判していたことが明らかになりました。

Brendan Greene氏のコメント

「このジャンルのゲームには成長して欲しい。ジャンルの成長にはゲームモードに面白いひねりを加えることが必要だ。ただのコピーキャットではジャンルも育たないし、プレイヤーも飽きてしまう」

「映画や音楽では知的財産(IP)の保護があり、自らの作品を本当の意味で見守ることができる。ゲームではそのような保護がまだ存在しないので、検討されるべきものだと言える」

「一部の素晴らしいゲームが話題にもなっていない時に、マーケティング予算のある誰かがアイデアを盗むことで、突然にして人気ゲームが出来上がる。これは誰かのアイデアをパクることで実現している」

コピーキャットは『フォートナイト』?『荒野行動』?

Greene氏は「コピーキャット作品」としたタイトル名には言及していませんでしたが、海外メディアは最近になって累計2,000万プレイヤーを突破したEpic Gamesの『Fortnite(フォートナイト)』を指しているのではないかと予想しています。

また、スマートフォン版『PUBG』が正式発表されましたが、本作を尋常ではないレベルで強烈にオマージュした『荒野行動(Knives Out)』というタイトルもすでに登場しています(詳細記事)。

業界的にも単純なコピーキャットの規制は必要に見えますが、ジャンルという枠において創作を極端に制限してしまうのも良いタイトルが産まれる阻害要素となりえるので、そのバランス取りが重要な要素となりそうです。

爆発的な人気と需要が発掘されたバトルロワイヤルというジャンルに、デベロッパーやパブリッシャーが興味を寄せるのは当然の流れで、これからも同ジャンルの作品は数多く登場するものと予想されます。

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』の対象機種はPCで、現在Steamで早期アクセス実施中。

Source: MP1st