PUBG: チート対策を“最優先”に、ユーザーにもチーター通報を要請

PUBG: チート対策を“最優先”に、ユーザーにもチーター通報を要請

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG / プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)』のオフィシャルサイトにて、不正行為、チートツール利用者に対する報告協力の要請がアナウンスされました。

不正行為、チートツール対応を最優先に

現在、不正行為や不正チートツール対策を最優先に対応中であることを明かし、ゲームプレイ中にチートツール、不正行為、意図的なチームメンバーキル、不適切なニックネームなどで被害を受けた場合、ゲーム内の報告機能を積極的に利用してほしいと要請を伝えています。

また、報告済みのプレイヤーに対して追加情報を送信したい場合は「PUBG DMMお問い合わせ」から可能です。時間やスクリーンショットを添付することでより効果的な対応がなされるとのことです。

PUBG
報告機能はデス時に使用可能

アカウントでの注意

加えて、Steamのアカウントがハッキングされ、無断でアカウントが販売されたり、不正ツールを使用されたりしてしまい、永続的に利用を制限されてしまうケースが増えているとのことです。パスワードをより強固なものに変更したり、Steamガードの設定などを行いセキュリティ対策を講じておきましょう。

関連記事

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』の対象機種はPC。

Source: pubg.dmm.com

RECOMMEND