MMOサバイバルTPS『Next Day: Survival』が2月23日正式リリース、ポストアポカリプスが舞台 [更新]

MMOサバイバルTPS『Next Day: Survival』が2月23日正式リリース、ポストアポカリプスが舞台 [更新]

UPDATE: 正式リリースが23日に延期されたとの連絡をいただきました(2018/02/15)

Steamにて先行アクセスが行われていたSOFF GamesとLast Level studiosが手がけるMMOサバイバルTPS『Next Day: Survival(ネクストデイ: サバイバル)』が、現地時間2月15日に正式リリースとなります。Steamでの価格は980円とお手頃。

Next Day: Survival とは

舞台はソビエト以降の東部ヨーロッパ架空の国。プレイヤーの主な目的は、毒性スモッグに覆われたこの荒廃した地で生き残ること。キャラクターのレベルアップ、他プレイヤーやNPCなどを含むワールドとの接触を通して「名声」を得ることが可能となっており、その名声を持って生き残った人々により作られた派閥に所属し、更なる生き残りをかけた戦いを繰り広げていく。

RPG要素が本作品の特徴となっており、クラフトシステムに加え、大きく広大なオープンワールドでのクエストや、スキルシステムや名声システムを含んだキャラクターの育成要素を採用。プレイヤーが所属できる派閥では、それぞれの特徴と制限が存在するほか、独自のクエストなども存在する。

Next Day Final Trailer (ENG)

Next Day: Survival の特徴

  • 他のサバイバルゲームとは異なる、息を飲むほど緻密に練られたストーリー。
  • 派閥システム、キャラクターの名声システム。他プレイヤーやNPCをキルすることで、プレイヤーは名声を得ることができ、その名声を持って様々な派閥に参加することが可能。
  • 『Next Day: Survival』の世界を理解するのを助ける豊富なクエスト群。派閥ごとのストーリーやクエストも存在し、物資の運搬や動物やNPCのハント、時間制限があるものやPvPに関連したクエストも登場。
  • 通常のモード以外にもソロプレイが可能なシングル、他プレイヤーにダメージを与えることができないPvE、時間制限の中で毒性スモッグの中を生き残る「The Last Survivor」モードなどの追加モード。
  • 広大なオープンワールド。
  • NPCとの触れ合いや銃撃戦。
  • スキルシステム。
  • セダンやトラックなどのビークルを含むバラエティーに富んだ移動手段。
  • 様々な種類の刃物や重火器などの武器。
  • 巧みに設計されたクラフトシステム。様々な環境とインタラクトすることで資源を入手し、武器や装備、様々な道具に加えビークルの修理が可能。
  • キャラクターの健康状態を管理する大規模システム。

Next Day: Survival スクリーンショット

Next Day- Survival

Next Day- Survival

Next Day- Survival

Next Day- Survival

Next Day- Survival

Next Day- Survival

Next Day- Survival

Next Day- Survival

Next Day- Survival

Next Day- Survival

Next Day- Survival

Next Day- Survival

Next Day- Survival

Next Day- Survival

Next Day- Survival

先行アクセス時点でのSteamでの評価は「賛否両論」とあまり高くはありませんが、積極的かつ膨大なアップデートを重ねているので今後の改善に期待できそうです。