新作タクティカルFPS『BLISTER』:現代に起こったイングランド内戦が舞台で「R6SとSWATの中間」

新作タクティカルFPS『BLISTER』:現代に起こったイングランド内戦が舞台で「R6SとSWATの中間」

英ゲームデベロッパーitem42が兄弟2人で開発中の新作FPS、『BLISTER(ブリスター)』をご紹介。『BLISTER』は1640年代に勃発した軍事衝突「イングランド内戦」が現代イギリスで起こったら、というパラレルワールド的な舞台で再構築を行った、戦略性とFPSを融合させたシングル専用のタクティカルシューターです。

ゲーム概要を初め、最後に開発陣へのインタビューも掲載しています。

タクティカルFPS『BLISTER』

「議会は腐敗した。王室は軍隊を設立した。イングランド内戦が起ころうとしている。エージェント1、君はブリスター部隊の分隊長に昇進した。ブリスター部隊は重要な人質事件や、国家の安全保障に関わる事件の解決のために派遣される緊急対応チームだ。最大4人のエージェントを指揮し、王党派の支配を脅かす反政府勢力の活動を鎮圧せよ!王を守るのだ!」

BLISTER / Greenlight Trailer

プレイヤーは国王直属の特殊部隊「BLISTER」として、円頂党、鉄騎隊、そして封建領主たちと闘いを繰り広げます。偵察ドローンを用いてターゲットを捕捉し、戦略を練って隊員にそれぞれ違う指示を与えてから突入する、といった『SWAT4』ライクなクラシックタイプのタクティカルシュータータイトルとなっています。

『BLISTER』の特徴

  • 包囲戦や人質確保など、さまざまなミッションでエリート部隊を指揮。
  • 廃墟と化したオフィス、公営住宅団地、発電所、地方の大邸宅、食肉処理場、発電所に至るまで、英国内の各地を舞台とした10種類のマップでのミッションがプレイ可能。
  • 50を超える殺傷・非殺傷兵器に加え、様々なガジェットとグレネードが登場。
  • 自身と隊員の武器、アタッチメント、スキン、アーマータイプをカスタマイズ可能。ロードアウトは重量制で、黒い迷彩や冬用迷彩、ピンク迷彩などなんでもござれ。
  • 私たちのぶっとんだ歴史の再解釈で、円頂党、鉄騎隊、そして恐ろしい封建領主と戦うことができる。
  • ポリスモード:所定の目標と実在する対テロ対策装備に選択肢が限定されたストーリーベースのモード。
  • アサルトモード:レベル全体が解除され敵までもが制御可能なサンドボックススタイル。BLISTERの最高でバカげた兵器にアクセスが可能。

BLISTER

近年のFPSはマルチプレイ主体となっていますが、マルチプレイ主体のシューターは飽和状態で、敵や舞台もどこか似通った設定となりがちです。彼らはそれらとは一線を画した、ユニークなシステムを持ったシングルプレイシューターならまだチャンスはあると考えているようで、確かに自国の歴史からヒントを得たこのユニークな設定には興味を惹かれます。

『BLISTER』プレイ動画

Raw BLISTER Gameplay

『BLISTER』スクリーンショット

BLISTER

BLISTER

BLISTER

BLISTER

BLISTER

BLISTER

BLISTER

BLISTER

BLISTER

BLISTER

開発者インタビュー

少し詳しい話を伺いたくコンタクトを取ってみたところ、快くインタビューに応じてくれました。

EAA:現在の開発の進捗状況について教えてください。

item42:フルタイムで開発できるよう、現在は資金の確保にあたっています。上手く行けば開発スピードは急上昇するでしょう。今年のQ3の初頭にはバーティカルスライス(ゲームの一部分のみを完成させるデモ)が出来ればと思っています。

EAA:資金繰りの方法としてクラウドファンディングも視野に入れていますか?また早期アクセスリリースの予定は?

item42:外部からの資金が得られた場合を考えると、クラウドファンディングはリスキーなので避けたいと思っています。早期アクセスをリリースするかどうかまだ100%決めているわけではないですが、ローンチ後も新ステージなどの無料アップデートを継続して配信する予定です。

EAA:ゲームはシングルプレイのみとのことですが。

item42:ゲームを完成させるためには範囲を絞らなければなりません。そうでないと自分たちの力だけでは完成させることはできませんから。そして、ドローンを駆使し戦略を計画・実行するシステムは、マルチプレイの環境には適していません。

EAA:『レインボーシックス シージ』というより『SWAT4』のようなゲームになるんですね。リリースはSteamのみを予定していますか? コンソールへの計画は?

item42:そうですね。『レインボーシックス シージ』と『SWAT』の中間当たりを目指していて、『Door Kickers』のプランニング要素もブレンドしています。今のことろSteamのみの予定ですが、良いセールスを記録すればローンチ後にコンソール機にもリリースするでしょう。

EAA:日本語ローカライズの予定はありますか?

item42:自分たちでローカライズするだけの資金はありません。ですが、他のプレイヤーが作った言語をダウンロードできるような、オープンソースのローカライズシステムを追加できればいいなと思っています。挑戦的な試みですが、素晴らしいものになるでしょう。

『BLISTER(ブリスター)』の対象機種はPCで、発売日は未定です。

関連記事リアルなSWATになれる新作タクティカルシューター『SwatNG』、キックスターターキャンペーン開始

Source: Steam,item42

RECOMMEND