BF1: 競技モード「Incursions」間もなくCTEに登場、オンライン機能なしの仮追加

BF1: 競技モード「Incursions」間もなくCTEに登場、オンライン機能なしの仮追加

クローズドアルファテストが開始されてからだいぶ経った『Battlefield 1(バトルフィールド 1)』の本格的な競技モード「Incursions」ですが、DICEは間もなくCTE(コミュニティテスト環境)に登場させることを明らかにしました。

DICEによると世界標準時3月13日午後4時(日本時間3月14日午前1時)より「Incursions」をCTEに登場させるとのこと。ただし肝心のオンラインでのマルチプレイヤーはできず、射撃練習場の利用やキットの確認に留まるとしています。正式な実装にはもう少し時間がかかりそうです。

Incursions詳細

「Incursions」は3つの旗の占拠を目的とした5v5のゲームモードで、8種の特別な兵科を用意。ビークル「軽戦車」「装甲車」も登場し、これをいかに活用無力化するかが重要な要素となりそうです。

8種の兵科

BF1: 一体感が楽しい競技的新モード「Incursions」
ドラフトフェーズでの両陣営のクラス
  • トレンチサージオン:チームのメディック。倒れたチームメンバーの復活や回復を行える。
  • コントロールリーダー:スモークグレネードによる視界妨害の達人。小隊のバックラインとして機能し、戦闘外でもスポーン可能。
  • ATアサルト:アンチタンクに特化したATアサルトは、あらゆるビークルオペレーターにとっての悪夢だ。
  • バトルメカニック:主な仕事はチームのビークルを操作すること。移動とポジション取りはが重要だ。
  • モーターサポート:敵に追撃砲をお見舞いしフレンドに弾薬を提供するモーターサポートは、遠距離からエリアを支配するのに長けている。
  • レイドリーダー:近接戦闘はお任せあれ。スポーンビーコンを設置することができる。
  • ショックアサルト:対人と対ビークルに優れる。爆音を轟かせることにかけては多才。
  • プロキシミティー・リーコン:情報収集に長け、得た情報を利用して敵に近接して葬る。
BF新時代の幕開け- BF1 eスポーツモード「Incursions」先行プレイ映像 | EAA

今年中の発売が予想される『バトルフィールド 5』(仮)もある中で未だに実装されないのはもどかしい気持ちにもなりますが、ここはむしろ次回作では最初からeスポーツに完全対応することに期待しましょう。

『Battlefield 1(バトルフィールド 1)』は絶賛発売中で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: Battlefield Forums

RECOMMEND