Destiny 2: クルーシブルの新コンテンツをテストできるCrucible Labが今月末実装、レイド・ゾーンの威光は7月解禁

Destiny 2:  クルーシブルの新コンテンツをテストできるCrucible Labが今月末実装、レイド・ゾーンの威光は7月解禁

拡張コンテンツ第2弾「ウォーマインド」の第2週目が始まった『Destiny 2(デスティニー 2)』ですが、今後のアップデート予定が記されたロードマップが更新され、クルーシブルにPTR(プレイヤー・テスト・リージョン)の実装が告知されました。 加えて、7月にはレイド・ゾーンの威光と、シーズンイベントの開催も宣言されています。

ロードマップが更新

今後の『Destiny 2』がどこに向かっていくかを指し示すロードマップが本日17日に更新され、今月末にパッチ1.2.1が配信されることが明らかになりました。 このパッチでは以下の要素が追加されます。

  • 改善されたファクション・ラリー
  • Crucible Lab (クルーシブル ラボ)
  • エキゾチック防具のサンドボックス変更

Crucible Lab (クルーシブル ラボ)とは

アップデート1.2.1で追加されるCrucible Labとは、バランス調整や新要素をテストできるコンテンツとなります。 これは『オーバーウォッチ』のPTRサーバーに近い性質のようで、新要素にたいするプレイヤーの意見を取り入れて最終的にゲーム本編に実装するか判断するそうです。 Crucible Labは全てのプラットフォームのユーザーに解禁されます。よくあるPC限定やDLCの所有必須という制約がありません。

7月の新要素

今回のロードマップの発表では7月に新たな情報が追加されています。

  • シーズンイベント「Solstice of Heroes」
  • バウンティ
  • DLC1、2のレイド・ゾーンに威光が追加
  • PC版クランテキストチャット
  • 1年目のTriumphs (勝利の瞬間?)
  • さらなるエキゾチック防具のサンドボックス変更

2月の真紅の日々以来のシーズンイベント「Solstice of Heroes」の開催が告知されました。 このイベントではガーディアン達はこれまでの偉業を祝福し新たな報酬が用意されているそうです。 1年目のTriumphsとは前作にもあった記録ブックのようなものでしょうか? 続報が入り次第お伝えしますのでお待ち下さい。

『Destiny 2』は絶賛発売中で、対応機種はPlayStation 4/Xbox One/PC。

Source: Bungie