BFV:新モード「Airborne(エアボーン)」はパラシュートで落下し拠点の破壊と防衛を競うモード

BFV:新モード「Airborne(エアボーン)」はパラシュートで落下し拠点の破壊と防衛を競うモード

Electronic ArtsおよびDICEはTwitterにて、『Battlefield V(バトルフィールド 5)』に搭載される新モード「Airborne(エアボーン)」の概要を少しだけ明らかにしました。エアボーンは以前、プレイヤーが「落下傘部部隊となる」ことなどが判明していました。

BF5 新モード「Airborne」

まだまだ詳細は不明ですが、下記の概要が語られています。

  • Battlefield Vの新モード
  • パラシュートで戦場に降下する
  • 分隊員と協力し、砲台の破壊/防衛を競う

「Airborne」は最大64人対戦の新ゲームモード「グランドオペレーション」で登場することも分かっています。砲台の破壊と防衛部分は、同じく先日明らかになった「フォーティフィケーション」なる建築要素のあるシステムならば、砲台の建築と修復もできるようになっているものと思われます。

『Battlefield V(バトルフィールド 5)』の発売日は11月20日で、対象機種はPlayStation 4Xbox OnePC。10月11日にEA AccessOrigin Accessで先行トライアル、10月16日にデラックスエディションの先行購入者向け先行アクセスが実施されます。