日本eスポーツ連合(JeSU)に正会員としてゲーム関連企業21社が加盟、今後の大会共催などに注目

日本eスポーツ連合(JeSU)に正会員としてゲーム関連企業21社が加盟、今後の大会共催などに注目

今年2月に発足した一般社団法人「日本eスポーツ連合(JeSU)」は、6月1日に行われた理事会を経て、新たな正会員にゲーム関連企業21社が加盟したことを発表しました。

一般社団法人日本eスポーツ連合(会長:岡村秀樹、英語名:Japan esports Union、以下JeSU)は、2018年6月1日の理事会を経て、正会員21社が加盟しましたことをお知らせいたします。

– 株式会社SNK
– カドカワ株式会社
– 株式会社カプコン
– ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
– グリー株式会社
– 株式会社コーエーテクモゲームス
– 株式会社コナミデジタルエンタテインメント
– 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会
– 株式会社CyberZ
– 株式会社SANKO
– 株式会社サードウェーブ
– 株式会社スクウェア・エニックス
– 株式会社セガホールディングス
– 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
– 株式会社ディー・エヌ・エー
– 一般社団法人日本オンラインゲーム協会
– 日本マイクロソフト株式会社
– 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
– 株式会社ミクシィ
– ユービーアイソフト株式会社
– 株式会社RIZeST

JeSUは今年1月に既存のeスポーツ3団体を統合し、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)、一般社団法人日本オンラインゲーム協会(JOGA)の全面的な協力を得て設立したeスポーツ新団体です。

eスポーツの振興を通して、国民の競技力の向上及びスポーツ精神の普及を目指し、これをもって経済社会の発展に寄与することを目的とします。
eスポーツの認知向上とeスポーツ選手の活躍の場を広げるため、今年8月に開催されるアジア競技大会への選手派遣をはじめ、2019年茨城国体に合わせて実施あれるeスポーツ大会の共催など、積極的に活動してまいります。

会員企業には今のゲーム業界を代表する大企業の数々。

天下の「日本マイクロソフト株式会社」をはじめ、「株式会社カプコン」や「株式会社スクウェア・エニックス」、「株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント」、「ユービーアイソフト株式会社」といったゲームメーカーが名を連ねます。

また、プロライセンス認定タイトルとなったパズドラの「ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社」やモンストの「株式会社ミクシィ」はもちろん、、GREEの「グリー株式会社」といったモバイル向けゲームメーカーの名も。

ニコニコ動画を運営するドワンゴを子会社に持つ「カドカワ株式会社」や、OPENREC.tvを運営する「株式会社CyberZ」は今後のeスポーツ大会の中継においての連携が注目されます。

Source: jesu.or.jp