第三次世界大戦FPS『World War 3』:実銃を使ったメイキング映像公開、新スクリーンショット5枚も

第三次世界大戦FPS『World War 3』:実銃を使ったメイキング映像公開、新スクリーンショット5枚も

ポーランドのゲーム開発会社「The Farm51」による、現実世界に即したリアルなミリタリーマルチプレイヤーFPS『World War 3(ワールドウォー 3)』の最新映像が公開されました。また、ドイツはケルンで開催されるGamescomにて実際にプレイできることや、5枚の最新スクリーンショットも公開されています。

『World War 3』メインキング

リアルさの追求に余念がない本作だけに、様々な銃器と銃弾がターゲットへどのような影響を与えるのかしっかりとテストされています。

World War 3 – Making Of (Ballistics)

新スクリーンショット

WW3 World War 3
ポーランド軍
WW3 World War 3
ドイツ軍
WW3 World War 3
ロシア軍
WW3 World War 3
ヘリコプター
WW3 World War 3
駐車場

『World War 3』は8月21日から25日にかけてGamescom 2018に出展。以前明かされていたロケーションであるワルシャワ、モスクワ、ベルリンでの対戦を楽しめることを明らかにしています。またSteamページのチェックもお忘れなく。

『World War 3』の「リアル」へのこだわりやアナウンストレーラー、搭載されるゲームモードの詳細、クリエイティブディレクターの並々ならぬ自信など、本作の概要は以下をご覧ください。

『World War 3』の対象機種はPC(Steam)で、先行アクセスが2018年秋にリリース予定です。もし成功すればコンソール(PS4/Xbox One)でのリリースも考えているとのこと。

Source: World War 3