CoD:BO4:ベータテストの内容公開、8月4日にPS4先行解禁でPCオープンベータもあり

CoD:BO4:ベータテストの内容公開、8月4日にPS4先行解禁でPCオープンベータもあり

Treyarchは『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』の公式サイトにて、つい先ほどプライベートベータの詳細ページが公開しました。マルチプレイヤーでプレイできるマップやゲームモードのほか、全機種の日程も明らかになっています。

CoD:BO4:ベータテスト詳細

期間

CoD:BO4:ベータテスト

  • PlayStation 4 (開始: 8月3日午前10時/PT – 終了: 8月6日午前10時/PT)
  • PlayStation 4 と Xbox One (開始: 8月10日午前10時/PT – 終了: 8月13日午前10時/PT)
  • PC ベータ先行アクセス (開始: 8月10日午前10時/PT) *PCはBattle.Net専用
  • PC オープンベータ (開始: 8月11日午前10時/PT – 終了: 8月13日午前10時/PT)

日本時間では8月4日午前2時にPlayStation 4で先行解禁となります。海外では特設ページでコードを入力する必要がありますが、日本版はひょっとしたら『COD:WWII』のようにコード不要でプレイできるようになるかもしれません。日本版の正式アナウンスも間もなく行われるものと予想されます。

なお、PC版はBeenoxとBlizzardの協力によって開発されており、PC版ベータの配信はBattle.Netでのみの配信となります。

ベータテスト参加で獲得できる特典は以下をご覧ください。

CoD:BO4:2つのベータテスト参加報酬発表

マップ

  • Frequency
  • Contraband
  • Seaside
  • Payload
  • Hacienda
  • Gridlock

ゲームモード

  • チームデスマッチ
  • ドミネーション
  • ハードポイント
  • サーチ & デストロイ
  • コントロール(新モード:詳細記事

「コントロール」は本作で採用となったオブジェクティブベースの新モード。攻撃側と防衛側に分かれて戦い、両チーム1ラウンドあたり25チケットずつを所持。攻撃側はAポイントとBポイントの奪取、防衛側は両ポイントの防衛が目標になります。制限時間以内に25チケットを全て消費させる(合計25キル)か、陣地を奪いきる(か守りきる)と1ラウンド取得、合計3ラウンド先取したチームの勝利となります。

開発も『CoD:BO4』のマルチプレイヤーの中でもベストな体験を目指して設計したモードと言っているだけに、コミュニティーの評価が楽しみです。

ロードアウトの特徴

  • Pick 10システムが刷新されて復活。ロードアウトをフルにカスタマイズ可能に
  • ロードアウトには各スペシャリスト用に設計された「Special Issue Equipment(特別支給装備)」が登場。Pick 10のポイントを使用しなくても使用が可能
  • 「Gear(装備)」スロットによってプレイスタイルに合わせたロードアウトが可能に。ロードアウト毎に1つの「Gear」が装備可能。スコアストリークのコストを下げたいのであれば「COMSEC Device」、回復を早めたければ「Stim Shot」、周辺の状況をより理解し戦闘を有利に進めたければ「Acoustic Sensor」など、シチュエーションに合わせた「Gear」が登場
  • 本作では武器毎のアタッチメントのセットが固有のものになり、さらに強力なアタッチメントクラスである「Operator Mods」が登場。戦闘でのそれぞれの武器の役割が強調されている

『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』の発売日は現地時間2018年10月12日で、対象機種はPlayStation 4 / Xbox One / PC。

Source: Treyarch