BFV:『バトルフィールド V』オープンベータ、9月上旬に開催決定

BFV:『バトルフィールド V』オープンベータ、9月上旬に開催決定

海外で開催されたクローズドアルファが無事終了した『Battlefield V(バトルフィールド 5)』ですが、Electronic ArtsおよびDICEは9月初めよりオープンベータテストを開催すると発表しました。

BFV オープンベータ

公式サイトによると、今回のクローズドアルファからのフィードバックを参考に、8月開催のGamescom 2018にて新ビルドを発表するとのこと。その後オープンベータを9月上旬から開催する流れとなっています。具体的な日時や参加方法はまだ分かっていません。

アルファからの変更点

またすでにアルファ版から調整予定の変更点も発表されており、主な概要は以下の通り。

  • 看護兵の蘇生とチームメイトの蘇生を調整
    • バディによる蘇生(看護兵の注射器を用いない蘇生)を2.5秒速める。
    • 注射器蘇生についても調整を検討
    • 蘇生までに遅延があり、蘇生後も1秒間動けないバグを修正
  • 武器バランス調整のため、武器の弾薬数と拾った武器の弾薬数を微調整。
  • TTK(タイムトゥーキル):デスまでの時間は継続して微調整。
  • チャーチルクロコダイルタンクとV-1ロケットの調整。

『Battlefield V(バトルフィールド 5)』の発売日は10月19日で、対象機種はPlayStation 4Xbox OnePC。10月11日にEA AccessOrigin Accessで先行トライアル、10月16日にデラックスエディションの先行購入者向け先行アクセスが実施されます。

Source: Battlefield